ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    中華そば 児ノ木(ちごのき)@落合 (東京都新宿区上落合)
    chigonoki_out.jpg
    東京メトロ東西線・落合駅から早稲田通りを高田馬場方面へ進んだ左手にあるお店。2013年3月19日オープン。

    chigonoki_menu_1.jpg
    ちょっと変わった店名はご主人のお母様のご出身である新潟県燕市の地名から取ったそうで、お店で出すラーメンも燕三条系ラーメンの「背脂煮干そば」が主力。

    chigonoki_menu_2.jpg
    店内はカウンター7席+テーブル2卓8席、先客7名、後客5名、食券制。個人的な好みで今回は燕三条系ではない「淡麗煮干そば」を選びました。

    chigonoki_tanreiniboshi_1.jpg
    淡麗煮干そば(650円)

    丼登場とともに煮干の力強い香りが。

    chigonoki_tanreiniboshi_2.jpg
    ざらつき皆無のスープは深み、奥行きを感じさせるもの。下支えのしっかり感があるだけにその名のように「淡い」とは思いませんが、丁寧に取り出したであろう旨味がストレスなくアピールしてくるスマートさは「麗しい」という表現にふさわしいもの。

    chigonoki_tanreiniboshi_3.jpg
    麺は低加水、ザクザクした歯応えを残した断面形状スクエアなもの。中くらいの太さでこのタイプの煮干し系スープとしてはやや太めの印象ですが、違和感はありません。170gと多めですがスルスルといただけます。

    chigonoki_tanreiniboshi_4.jpg
    チャーシューは厚めのカット、ホロッと柔らかくも歯応えあるもの。

    カエシが結構強めなのか中盤以降はそれまでの「煮干そば」の風情から一気に「醤油ラーメン」の趣へシフトしました(煮干粉不使用ゆえ?)。そのあたり戸惑わなくもなかったのですが、店を出た後にはしっかり煮干しの後味に包まれている自分がいて結局のところ満足でした(´▽`*)

    思いのほか押しは強めながらじんわり味わい深い部分ももちろん健在で、力強さと、丁寧な仕事に裏打ちされた繊細さが首尾良くバランスされた印象の一杯でした。値段も良心的ですし、店主さんの所作も、ホールを担当するお母様らしき女性の感じも良く、愛すべき良店だと思いました。今度「背脂煮干そば」もいただきに上がります。



    食べたもの 淡麗煮干そば(650円)
    訪問日時 2013/01/08(水)11:48
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    中華そば 児ノ木(ちごのき)
    住所 東京都新宿区上落合1-5-3
    電話 03-3361-6349
    営業 (火~土)11:00~14:30/17:30~22:00
        (日)11:00~16:00
    定休 月
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    開店当初伺った時には
    路地裏男さん召しあがった淡麗煮干そば無かったような・・

    丁寧な作業と接客は私も印象に残ってます。

    自宅から結構近いので淡麗煮干そば行ってみますね。
    2014/01/11(土) 21:39:38 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    他の方のブログ等で確認したところ
    おっしゃるように開店当初は存在しなかったようですね。
    ネット上でこのメニューのレビューも見かけませんので
    わりと最近始まったものなのかも知れません。

    とても良いお店でした。
    2014/01/14(火) 09:28:32 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック