ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定メニュー】 らぁ麺 やまぐち@西早稲田 (新宿区西早稲田)
    yamaguchi_out_2.jpg
    明星食品のカップ麺「にぼみそ」発売記念スタンプラリーの参加店であるこちらへ。僕自身はスタンプラリーには積極的に参加はしていませんし、カップ麺はセブンイレブンやファミマでは見かけずいまだ未食です。

    11:50着で外待ち7名、前回訪問時は12時台でも空席があったのでちょっとびっくり。

    yamaguchi_nibomiso_6.jpg
    「にぼみそ」のボタンは券売機の右下、目立たないところにありました。なお、店内で食券を買ってから並ぶ人もいればそうでない人もいて、これはルールを決めて欲しいところ。また、待ちの先頭も外で待つよう指示されていましたが、スタッフが外まで来て人数を確認したり注文を取ったり席を案内しに来たりすることはない(出来ない)のでどうしても回転が悪くなりがちですね。15分後に入店、助手が2名になっていました。

    食券を渡すと限定は時間かかる旨告げられましたが、レギュラーのラーメンと大差なく入店後10分ほどで提供されました。

    yamaguchi_nibomiso_1.jpg
    にぼみそ(880円)

    yamaguchi_nibomiso_2.jpg
    店内の掲示物によれば「スープは白口煮干とアジ煮干をブレンドした煮干し100%、味噌に負けないように煮干しだしを2段階で取り、煮干しの苦味も旨味としたパンチある仕上がり。これまでにない煮干味噌ラーメン」とのこと。

    yamaguchi_nibomiso_3.jpg
    スープは油少なめでサラサラ、煮干粉末はさほど目立たないもの。ひと口目こそ苦味を覚えましたが、それも一瞬にして旨味に転じ、以降苦味はほとんど感じませんでした。これは苦旨い!上記の「苦味も旨味とした」というフレーズも納得で、伊藤@王子神谷に匹敵する旨さに感じます。ただ、どうも味噌というより醤油味に感じられるのは「煮干し≒醤油味」というステレオタイプ的刷り込みのせいなのでしょうか?

    yamaguchi_nibomiso_4.jpg
    麺は縮れた平打ち麺、加水高めで表面スベスベ中モチモチ、どこか柔和な表情な麺です。場所によって厚みの変化を感じられる(変化しているように感じられる?)不揃いな食感が心地良いです。

    yamaguchi_nibomiso_5.jpg
    「醤油味に感じられる」と書いたスープは中盤くらいまで印象が変わらなかったのですが、あるタイミングからちゃんと味噌味が攻めてきて大団円。それまでは舌が煮干しに支配されていたということなのかなぁ?それでも味噌が控えめなのは、これ以上味噌が強いと味噌汁っぽくなるから?とか勝手に陳腐な想像をしてみたり。

    煮干しはしっかり効いていますが、同店らしい上品さも兼ね備えた「にぼみそ」でございました。満足満足(´▽`*)



    食べたもの にぼみそ(880円)
    訪問日時 2013/12/12(木)11:50
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    らぁ麺 やまぐち
    ブログ http://nyami.cocolog-nifty.com/
    住所 東京都新宿区西早稲田2-11-13
    電話 03-3204-5120
    営業 (火~土)11:30~15:00/17:30~21:00
        (日・祝)11:30~17:00
        ※いずれもスープなくなり次第終了
    定休 月(祝日の場合は翌日)
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2013/07/31 鶏つけそば+大盛
    2013/02/02 特製鶏そば
    2013/01/11 追い鰹中華そば
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック