ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺屋 海神@新宿 (東京都新宿区新宿)
    kaijin_out.jpg
    2007年10月にこの地にオープン、日替わりの魚のアラでダシを取る鮮魚系塩ラーメンのお店。移転前の池袋時代は神の舌を持つ男のプロデュースだったそうですね。「海神」の名は彼の名字から一文字取っているのでしょうか。

    雑居ビルの2階にあり知らなければ御免被りたい怪しげな階段を昇るとお店がありますが、店内外もそれ相応な佇まいです。カウンター6席+テーブル3卓10席、先客5名、後客6名、後会計式。

    kaijin_menu_1.jpg
    メニュー。「塩」と「辛塩」の2種類。大盛り無料。吉祥寺の支店(?)にある「あさりらぁめん」はありません。

    kaijin_menu_2.jpg
    こちらはトッピングメニュー。「贅沢全部のせ」は値段もすごいですが、絵的にもすごそうです(画像検索したところ見ることができました)。

    kaijin_menu_3.jpg
    前述の通りアラが日替わりで、その日に使用している魚の種類は毛筆書きで縦長の半紙に大書され、書き初め大会のように壁面に掲げられています(その様子はネット上でよく見かけます)。この日のアラは「真鯛」「ぶり」「甘鯛」「平目」「穴子」の5種類。

    kaijin_sio_1.jpg
    あら炊き塩らぁめん(800円)

    kaijin_sio_2.jpg
    魚介オンリーということからも想像がつくように、じんわり、あっさり和食の世界。みょうが、しょうが、大葉、白葱の千切り、糸唐辛子と、香りの強い薬味をアクセントに使用しています。柚子こしょうも用意していてお願いすれば出してくれるそうです。

    kaijin_sio_3.jpg
    緩くウェーブした細麺はムニッとしたコシのあるもの。

    kaijin_sio_4.jpg
    つみれは鱈のすり身に海老を練り込んだものと、細かく叩いた軟骨を散りばめた鶏つくね。これはどちらも美味。また、「ヘしこ焼きおにぎり付き」(+150円)は残りのスープにおにぎりを入れて、お茶漬け風に〆ることができます。

    ガッツリ食べたいとき気分のときは物足りなく、飲んだ後とか食欲が進まないときに食べたら体に染みそうな一杯でした。美味しく個性も感じられますが、印象には残りにくいと思います。あと、らーめんと店の雰囲気がミスマッチなのがちょっと。もっとも、この物件×G系ラーメンとかだったらそれこそ場末感がハンパないでしょうが…



    食べたもの あら炊き塩らぁめん(800円)
    訪問日時 2013/11/28(木)11:35
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺屋 海神
    住所 東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル2F
    電話 03-3356-5658
    営業 (月~土)11:00~15:00/16:30~23:30
        (日)11:00~23:00
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    矢張り鮮魚のアラだけですと、なかなか味のボリュームを出すのが難しい様に思います。
    それにしても、鯛・鰤・平目あたりは兎も角、穴子というのは随分珍しいですね。
    どんな味になるんだろ???
    2013/12/11(水) 12:57:45 | URL | へちかん #-[ 編集]
    >へちかんさん

    >味のボリュームを出すのが難しい様に思います。

    ですよね。
    これがたとえば魚料理中心の和食のお店が
    出しているとかなら魅力的だと思うんですけど、
    このラーメンで勝負というのは個人的には
    手段が目的になっているような違和感を覚えます。

    穴子のアラで出汁を取るのも聞かないですよね。
    その道の友人に聞いても中骨を油で揚げて
    骨せんべいにした方がいいんじゃないかと言っていました。
    2013/12/12(木) 09:25:40 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。