ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺屋 利休@国分寺 (東京都国分寺市本町)
    rikyuu_out.jpg
    「ふうみどう」からの連食で訪問したのは煎茶を使ったらーめんで知られるこちら。2008年9月オープン、店主さんは麺屋武蔵虎洞@吉祥寺、麺屋武蔵鷹虎@高田馬場から独立された方だそうです。

    rikyuu_menu.jpg
    店内はカウンター12席、先客5名、後客3名、食券製。麺中盛無料。店内は出身の麺屋武蔵そのものと言って差し支えない意匠です。

    rikyuu_shouyu_1.jpg
    醤油らあめん(750円)

    静岡県産の煎茶をカメリアラードで煮立てて作った特製香味油「茶油」と、チャーシューの上に散りばめられたそば茶が特徴の一杯。

    rikyuu_shouyu_2.jpg
    武蔵を思わせる動物魚介のダブルスープは煮干しが強めで茶油の風味はよく分かりませんが、煮干しの強さや動物系の濃度など、すべて厭味なくまとまっていて美味しいです。そば茶は香ばしさと食感を楽しむものらしいですが、アクセントということを差し引いてもスープが勝ち過ぎている感じ。

    rikyuu_shouyu_3.jpg
    中太の麺も武蔵を思わせるパッツリした食感のもの。

    駄舌の悲しさで最後まで「これがお茶か」という確証を得られることはありませんでしたが、修業先と変わらず美味しさのツボをしっかりと押さえている一杯でした。それでいて武蔵の元気の押し売りのようなパフォーマンスに見舞われることがないのは有り難いかも知れません(笑)。



    食べたもの 醤油らあめん(750円)
    訪問日時 2013/03/29(金)19:17
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    麺屋 利休
    HP http://rikyu.mizubasyou.com/
    住所 東京都国分寺市本町2-22-2 セレニティ国分寺1F
    電話 042-306-6209
    営業 11:30~15:00/17:30~21:00
    定休 木
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    私も駄舌のくせに期待が大きすぎたのか
    「これがお茶か」でしたよ(笑)
    2013/07/27(土) 00:41:16 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    やはりそうでしたか(笑)

    それだけマッチしているとも言えるかも知れませんね。
    動物系のスープにお茶が合うというのは
    昨年のつけ博で身をもって知ってますしね(笑)
    2013/07/27(土) 02:37:49 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。