ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【新店】 麺や七福@平塚 (平塚市見附町)
    shichifuku_out.jpg
    2013年2月14日オープンの新店。七福白醤油を使った醤油ラーメンを提供しているとあっては行かずにはいられません。平塚駅西口(一番小田原寄りの改札)から徒歩10分でした。

    P1090900.jpg
    こちらは自家製麺ですが、地元の麻生製麺から祝花が届いているのは出身店からの流れなのでしょうか。

    shichifuku_menu_1.jpgshichifuku_menu_2.jpg
    店主さんは味噌一@平塚出身だそうですがメニューに味噌はなく、醤油味の「七福」、塩味の「汐」の二本立て。聞くところによれば元々は和食の職人さんだそうで、そちらでの経験を生かしたラーメンになっているようです。他には餃子やおつまみ各種、デザートなどのサイドメニューもありました。

    広々とした店内はカウンター8席+テーブル2卓+小上がり1卓、先客5名、後客2名、後会計制。店内に製麺室があり、前述の通り自家製麺であることが伺えます。スタッフは店主さん含め4名体制、元気良く、モチベーション高く営業しています。

    shichifuku_ramen_1.jpg
    七福ラーメン-壱(630円)

    shichifuku_ramen_2.jpg
    カエシの七福白醤油がこのメニューの顔。特有の甘味は白醤油ならではですが、味わいの淡い白醤油が主役であることからも察せられる通り全体的にもかなりあっさり。魚貝類は感じられずクセはありません。良く言えば繊細、裏を返せば淡泊といった感じですが、これが和食の世界観なのかも。

    白醤油を引き立たせるとこうなるのが必然なのかも知れませんが、ラーメンのスープとしては訴求力に欠けるものになってしまっていると思います。何らかの方法にでもう少し脇を固める必要はありそうに感じます。

    shichifuku_ramen_3.jpg
    麺は茶褐色でざらつきのある細ストレート、やややわらかめ。全粒粉の香りがする味わいは啜磨専科@上大岡の塩つけの麺に近いものがあります。「和風らーめん」という表現がありますが、このラーメンは上記のスープと合わせて「和食そのもの」じゃなかろうかというほど。

    具はちっちゃな鶏モモがふた切れ、穂先メンマ、ナルト等ですが、柔らかな具が多くて食感にメリハリがない印象。例えばですが、穂先メンマではなくタケノコ、鶏ならムネ肉などの方がしっくり来そうです。また、淡い味わいのスープにしては鶏チャーシューの味付けや香ばしさが強いかな。

    思い入れやこだわりは相当あるのでしょうし、よそのらーめんに似ている部分が少なく創意工夫を感じますが、全体にもう少しメリハリというか何らかのアクセントが欲しい気がします。

    しかし七福白醤油にかけた店名にしてしまったら、他の醤油を使いたくなったときに困らないのかなぁ?値段は良心的だと思いました。



    食べたもの 七福ラーメン-壱(630円)
    訪問日時 2013/02/22(金)20:31
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    麺や 七福
    HP http://menya-7fuku.jp/
    住所 神奈川県平塚市見附町43-3 誠心ビル1F
    電話 0463-72-8828
    営業 11:30~14:30/17:30~23:00(各30分前LO)
    定休 火曜・第3水曜
    駐車場 はす向かいのコインP利用で100円分割引券発行(要駐車証明)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。