ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    末廣ラーメン本舗 高田馬場分店 (東京都新宿区高田馬場)
    suehiro_takadanobaba_out.jpg
    2009年1月オープン、秋田県の老舗有名店の都内進出店。秋田の本店にはかつて訪問したことがありますが、そのルーツは京都・新福菜館であり、それを東北向けにアレンジしたのが末廣ラーメン本舗だそうです。現在は本支店含む全店が年中無休・24時間営業というから驚きます。

    suehiro_takadanobaba_menu.jpg
    券売機。よく見ると並盛と大盛が同額です。店内はカウンター9席満席、店内待ち2名、その後は空席ありで推移、ヤキメシのオーダーが多いためか、回転は少し良くないように感じます。カウンター上に入れ放題の刻みネギが用意されているのが嬉しいですね。

    suehiro_takadanobaba_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば(並)(680円)

    suehiro_takadanobaba_cyuukasoba_2.jpg
    表面を覆う油によってアツアツのスープにレンゲを沈めると、油の下から濃い色をしたスープが登場。しかし見た目ほどしょっぱくはなく、甘く濃ゆい醤油味がクセになります。本店で食べたときほど化調が強くない気もしますが、定かでありません。ダシは鶏ガラ・豚骨・野菜を使っているそうですが、具の豚バラスライスの存在ゆえか、豚を強めに感じます。

    suehiro_takadanobaba_cyuukasoba_3.jpg
    麺は「中華そば」の名称がしっくりくるストレート麺。ハリがありしなやかで、ストレート&スクエアな断面形状がもたらす効果か、口にしっとりとなじみます。たっぷり入った豚バラスライスは柔らかく、スープを吸って美味ですね。

    シンプルながら身も心もあたたまる一杯で、秋田の本店で食べたときより美味しく感じました。戦前発祥のオールドスタイルが現代でも愛されているのは、美味しいからなのはもちろん、食べ手の心を満たす理屈抜きの何かがあるからなのだろうと思いました。



    食べたもの 中華そば(並)(680円)
    訪問日時 2013/02/05(火)11:51
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    末廣ラーメン本舗 高田馬場分店
    HP http://www.fukumaru.info/suehiro/index.html
    住所 東京都新宿区高田馬場2-8-3
    電話 03-3200-2885
    営業 24時間営業
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    こちらで食すとなぜかほっとして
    なつかしさを感じます
    年に数回程度の訪店ですが
    高田馬場で好きなお店の一軒です!
    2013/02/07(木) 17:01:57 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    同感にございます。。

    これを食べて育ったわけでなくとも
    懐かしく思わせるものがありますよね。
    日本人のDNAにそう刻まれているタイプの
    ラーメンなのかも知れません。
    理屈抜きの美味しさですよね。

    ちなみに「年に数回」は十分多いと思います(笑)
    2013/02/07(木) 17:48:03 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック