ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    啜磨専科@上大岡 年末限定「塩鶏白湯らーめん」を試食!
    啜磨専科@上大岡で、明日12月29日(土)から3日間のみ提供される年末限定メニュー「塩鶏白湯らーめん」の試作をいただいてきました!

    susurimasenka_toripaitan_sisaku_5.jpg
    「塩鶏白湯らーめん」(750円)

    ※試作のため、具は本番仕様と異なります(後述)。

    susurimasenka_toripaitan_sisaku_6.jpg
    丸鶏とグリ(鶏の足の関節部分)の白湯スープはチキン全開だった前回の試作と比較すると、苦手な人には「臭味」と受け取られかねない鶏エキスを意図的に抑えたものに。それでも十分に鶏の旨味が凝縮されていて旨いなぁ…!

    susurimasenka_toripaitan_sisaku_8.jpg
    一方の麺はG麺7のレギュラー麺を予定していましたが、土壇場で↑のものに変更!

    susurimasenka_toripaitan_sisaku_7.jpg
    実は流星軒の年越し用に作った平打ち麺(麺八州メイン+北翠(ホクスイ)使用)のあまりにも出来が良いことから、急遽こちらを使うことになったそうです。

    後藤店主も相当お気に入りのこの麺、いただいてみるとなぜか「年越しらしさ」に直結するイメージでとても不思議に思ったのですが、後藤店主に「どん兵衛みたいでしょ?」と言われて納得が行きました(笑)。いやぁ、日本の年末に実にしっくり来る麺です。

    具は上の画像とは異なり、鶏ムネチャーシュー、ほうれん草、ネギ、メンマに代わって山くらげ、そして海苔に代わってナルトが乗る予定で、色合いももっと良くなると思います。

    susurimasenka_2012nenmatsueigyou.jpg
    そんなわけでこの「塩鶏白湯らーめん」も含む、G麺7&啜磨専科の年末の営業予定です。テキスト版は先日の記事をご参照ください。ちなみに「神奈川の名店・流星軒」のくだりには流星軒の平賀店主から、「神奈川の名店じゃなくて日本の、いや、世界の名店だろ」とクレームが入ったそうですがw

    P1090314.jpg
    イケメンも待ってまーす★



    啜磨専科(すすりませんか)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西2-14-15(地図
    電話 045-370-9417
    営業 11:30~14:30/18:00~23:00
    定休 木
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。