ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    鶏そば 三歩一@高田馬場 (東京都新宿区高田馬場)
    sanbuichi_out.jpg
    高田馬場の有名店「べんてん」の近くに2011年11月にオープンしたお店。フリークの間よりむしろ一般の皆さんの間で評価されているのか、食べログではレビュー数が非常に多く、またTOP5000入りするなど評価も高いものになっています。

    sanbuichi_menu_1.jpg
    店内はコの字型のカウンター12席、食券制。メニューは清湯の「鶏そば」をトップに、白湯の「濃厚鶏そば」、「つけそば」と続き、夜限定で「まぜそば」があります。割り箸は一番安い、だいたいきれいに割れてくれないタイプを使っています。

    sanbuichi_menu_2.jpg
    解説等々。

    sanbuichi_menu_3.jpg
    鶏へのこだわりがつらつらと。なるほど、「鶏そば」は塩味で「つけそば」は醤油味なんですね。

    sanbuichi_torisoba_1.jpg
    鶏そば(680円)

    食券を渡して2分もしないで提供されてびっくりしました。小皿は味変アイテムの柚子胡椒。

    sanbuichi_torisoba_2.jpg
    鶏清湯の塩味のスープは実にさっぱりとして端正な味わい。臭味につながるであろう部分を徹底的に排除した印象で、ややオリジナリティに欠ける嫌いはあるものの、昨今、鶏をメインに使いながらここまでさっぱりじんわりとしたタイプを出してくる店はめずらしいように思います。

    sanbuichi_torisoba_3.jpg
    かために茹でられた自家製の中細ストレート麺は日清製粉の荒武者を配合しているらしく、特有のしゃっきりした硬質な食感に比較的淡白な風味。個人的な意見ですが、この季節はもう少し柔らかい方が美味しく食べられそうな気はします。替玉もありましたが(半玉50円、1玉100円)、この鶏そばのスープは替玉をしたくなるほどアツアツをキープするものではありませんでした。油が少ないのと間口の広い丼が原因かも。

    チャーシューはムネ、モモの鶏チャーシューが各2枚。ムネの方はきれいな成型が印象的。白ネギが多く、辛味がややスープを邪魔している気がしなくもありません。

    ちょうど昼のピークを迎える時間帯ということもあってか、主に接客を担当していた男性スタッフのあしらいが客さばき最優先な機械的な感じで、最近の新しい店ではめずらしい感じを受けました。



    食べたもの 鶏そば(680円)
    訪問日時 2012/12/20(木)11:59
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    自家製麺 鶏そば 三歩一
    住所 東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル1F
    電話 03-5155-8255
    営業 11:00~15:00/18:00~23:30
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック