ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ones ones 早稲田店@早稲田 (東京都新宿区戸塚町)
    このお店は閉店しました

    onesones_out.jpg
    東新宿にある「ones ones」の2号店として2012年9月18日にオープンしたお店。早稲田大学南門のすぐ近くです。店主のワンさんは北野武監督の映画にも出演したことがある方だそう。店内はカウンター12席、先客1名、後客2名、食券制。メニューにはつけ麺もありますが、提供は13時からとのこと。

    onesones_niboshi_1.jpg
    煮干し中華そば(720円)

    onesones_niboshi_2.jpg
    表面をそれなりの量の油で覆われたスープは清湯ベースで、煮干しがやり過ぎでない程度にしっかり効いたもの。それでいて醤油の旨味と動物系ダシも良い感じに主張していて、派手さはありませんがかなり美味しいです。

    onesones_niboshi_3.jpg
    色白な麺は加水高めでパツパツ、断面が四角い中細ストレート。風味良く、弾力があってツルツルシコシコ、シンプルですが旨い麺です。

    チャーシューは部位違いで2種類、昔懐かしい味付けですがこれもなかなか。あとはコリコリのメンマ、青ネギ、海苔。スープは最後までアツアツで美味しくいただけました。

    onesones_miso_1.jpg
    味噌(850円)

    こちらは後日いただいたもの。調理法は中華鍋で具とスープを合わせて炒める札幌式でした。

    onesones_miso_2.jpg
    スープは白味噌メインで、主にラー油による辛味と真っ黒な焦がしネギ(?)でアクセントが付けられたもの。最初は迫力不足に感じましたが、徐々に動物系の重量感と辛味が増してきて物足りなさはなくなります。しかし、青ネギとほぼ生の刻み玉ねぎの臭味が強すぎます。

    onesones_miso_3.jpg
    麺は極太のもの、煮干しの中細も旨かったですがこちらも引けを取らない美味しさ。おそらくつけ麺に使われているものと共通だと思います。それだけにつけ麺で食べたかったですが、前述の通りつけ麺は13時からです。

    煮干し中華そばとそれぞれの麺はすごく良いと思ったのですが、残念ながら日によってサービスライスを勧めてくれたりくれなかったり、明らかに洗えていないグラスが客席に供されていたりで、現状ではサービス面や衛生面の意識は低い店だと感じざるを得ませんでした。もったいないなぁ。



    食べたもの 煮干し中華そば(720円)、味噌(850円)
    訪問日時 2012/11/22(木)11:22他
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    ones ones 早稲田店(2013年8月?閉店)
    ブログ http://ameblo.jp/onesones0141/
    住所 東京都新宿区戸塚町1-101
    電話
    営業 11:00~15:00/17:00~20:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック