ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    Soup(スープ)@神保町 (東京都千代田区猿楽町)
    このお店は閉店しました

    soup_out.jpg
    2011年11月オープンのお店。以前は夜までの営業だったり、ランチタイムを外した13:00~17:00で営業したり、2ヶ月くらい休業してみたりととにかく不規則な営業をする店で僕も2度ほどフラれましたが、現在は営業時間=11:30~15:00、定休日=日曜・祝日で固定されているようです。広々として明るく清潔な店内はL字型カウンター9席、先客3名、後客3名、食券制。

    soup_menu_1.jpg
    券売機。「味噌」や「煮干し」も気になりますが「塩」で。

    soup_menu_2.jpg
    トッピングが細かく設定されていて良心的です。男性の店主さんと女性店員の2名体制、接客は丁寧、セルフサービスですが温かいおしぼりが用意されています。卓上調味料はホワイトペッパーとピンク色の岩塩。

    soup_sio_1.jpg
    塩(650円)

    逆三角の小さめの丼で登場しました。

    soup_sio_2.jpg
    スープは鶏油が効いた淡麗系清湯。ダシは鶏メインですが魚介も少し効いているでしょうか。キレがあるタイプではなくじんわりとした味わいでパンチこそありませんが、素直に美味しいと思えます。キレが欲しければ卓上の塩で調整すれば良いでしょう。

    soup_sio_3.jpg
    麺はザクッとした食感で今どき珍しいくらいかん水が効いた中華麺的なもの。風味が強めなので多少好みが分かれそうですが、僕は嫌いではありません。ただこの麺だけが多少浮いていて、なんとなく「普段からこの麺なのかなぁ?」という疑問が湧きました。

    具はバラチャーシューが2枚、穂先メンマ、水菜、白髪ねぎ、糸唐辛子、トロトロの味玉半玉。

    この内容とクオリティの高さにして650円という価格設定は大いに謙虚であり、コストパフォーマンスは抜群。これで安定して営業できればブレイクする要素はあると思うのですが、しかし同じような系統のビッグネームであった三四郎(中村屋)が撤退に追い込まれたエリアだけに、そうは簡単ではないかなぁ。



    食べたもの 塩(650円)
    訪問日時 2012/10/24(水)13:34
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    Soup(スープ)(2014年6月27日、静岡県掛川への移転のため閉店)
    住所 東京都千代田区猿楽町1-5-3 リッツお茶の水第一ビル1F
    電話 070-6514-1386
    営業 11:30~15:00
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック