ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    燦燦斗@東十条 (東京都北区中十条)
    sansanto_out.jpg
    2006年9月オープン、らーめん寺子屋出身のお店。東十条駅からすぐですが、知らないと少し分かりにくい「路地裏」にあります。共感を覚えますね(´▽`*) 駅からの行き方は北口改札を出たら左に進み、正面の階段を登り切ったらすぐ左折して、細い坂道を下った右側です。

    「昭和レトロ風」ではなく「昭和レトロそのもの」な店内はカウンター8席ですが席間が強烈に狭く、気分的には通勤電車のロングシートに匹敵する窮屈さです。いや、実際にはそれよりいくらかマシだと思いますが、両隣にかなり気を遣うことは間違いありません。でも常に満席の外待ち数名で推移。おかみさんが個性的でいい味出しています。

    sansanto_menu.jpg
    メニュー。らーめん、つけめん、辛つけ、油そば、塩煮干そばとありますが、多くの人がつけめんを注文していました。自家製の麺が旨いという評判ですもんね。

    sansanto_tsuke_1.jpg
    つけめん(750円)

    sansanto_tsuke_2.jpg
    つけだれは流行りのものとは一線を画す魚介豚骨醤油。穏やかな豚の旨味&カドがなく甘味を伴ったカエシが主役の印象で、和食を思わせる上品かつ上質な味わい。美味しいなぁ。この白味噌のような「まあるさ」はなんなのだろう?無化調は謳っていないようですが、少なめと思われます。

    sansanto_tsuke_3.jpg
    自家製麺は多加水でみずみずしく、キラキラモチモチ。麺線が短めなのが狭いカウンターでは食べやすくて助かります。並盛でも量は300g。

    sansanto_tsuke_4.jpg
    チャーシューはギュッと旨味が詰まった肉らしい肉。これはこれで美味しいですが、以前はローストビーフのような肉だったはずでそれを楽しみにしていたんだけどなぁ。

    つけめん自体は「大人の濃厚魚介豚骨」といった趣で、おっさんに片足突っ込んでいる僕には大変美味しく感じられましたし、40代、50代になっても美味しく食べられそうなものでした。ただ、うっかりすると隣の人に肘が当たったり当てられたりするような食事の環境ですし、夜は常連客が酒盛りしているような話も見聞きするので、ハード面はおすすめしにくいかも(´Д`;)

    なお営業時間について、しばらくは夜営業のみ(18:00~22:00)との貼り紙がありました。



    食べたもの つけめん(750円)
    訪問日時 2012/10/09(火)20:31
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    燦燦斗
    住所 東京都北区中十条3-16-15
    電話 非公開
    営業 11:30~14:30/18:00~22:00(しばらくは夜営業のみとの貼り紙あり)
    定休 木
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    先週訪れました、東十条の実力店『燦燦斗』。 このお店の一押しが、スープにめっさ入っているレア焼豚です (味わう価値あり) 今回は、つけめん800円で300グラム、を肉増し+250円でじっくりと味わってきました。 消費税増税の影響で一体的に50円増し?くらいですね。 麺はストレート太目麺。食感と風味良し! 特に食感。 これがつきたてのお餅の様なモチモチと歯に気持ちいい...
    2014/05/26(月) 00:56:22 | ラーメン食べ歩き
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。