ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    食堂はせ川/金久右衛門本店@大つけ麺博2012
    daitsukehaku2012_1.jpg
    先月27日から始まっている「大つけ麺博2012 日本一決定戦」に行ってみました。屋外のラーメンイベントを訪れるのは僕自身初めてです。こういうのまで手を出し始めるとキリがないのでこれまでは意図的に避けていましたが、今回は特別です。

    JR浜松町駅北口、あるいは地下鉄大門駅B4出口から歩いてすぐなのですが、僕は浜松町駅の中央口改札で出てしまったため苦労しました。JRなら「ホームの新橋寄りの先端にある階段を下って北口改札」が吉です。

    daitsukehaku2012_2.jpg
    細かいことは大つけ麺博公式ブログに譲りますが、会場入口にある券売機で全店共通の食券を購入してからイベントスペースに進みます。しかし「女子盛り」みたいのを見るといつも思うんですけど、女性っぽい男性とか、男性っぽい女性とか、疑わしいときはどう対応するんですかね?

    daitsukehaku2012_3.jpg
    平日の18時過ぎですがこの賑わい。みんな好きなんだなぁ。女性客も結構な割合でいます。

    daitsukehaku2012_4.jpg
    各店舗への並びはこんな感じ。「あごすけ」の行列がダントツでしたが、回転の良し悪し(提供の速い遅い)もあるので「並びが長い=人気がある、集客がある」とは限りません。「あごすけ」以外はだいたい20~30人程度の並び。このときの待ち時間は平均して【待ち人数×1分前後】くらいな感じでした。

    daitsukehaku2012_hasegawa_1.jpg
    僕の1食目は「食堂はせ川@福島県」。18:20に並び始めて約15分で提供。

    daitsukehaku2012_hasegawa_3.jpg
    食堂はせ川/多加水つけ麺(800円)

    実店舗にはないつけ麺は、喜多方らしいモチモチとしつつみずみずしい多加水麺に、煮干しの香ばしさが効いた落ち着いた味わいの鶏清湯のつけだれ。醤油タレに漬けたという背脂は穏やかなこってり感、ふくよかさでいい感じ。喜多方のつけ麺として見事に成立しているし美味しいけれど、手堅過ぎて意外性やインパクトには欠ける印象。

    daitsukehaku2012_kingemon_1.jpg
    2軒目は金久右衛門本店@大阪府。18:45に並び始めて約22分で提供。

    daitsukehaku2012_kingemon_3.jpg
    金久右衛門本店/つけ麺エバーゴールド(800円)

    濃厚系が幅を利かせるつけ麺界に一石投じる、あっさり清湯系のつけだれ×雑穀麺の組み合わせ。一口目はあまり芳しくない方向に「えっ?」という印象だったのですが、麺もつけだれもじわじわと旨くなっていきます。いや、かなり旨い!

    「業界初」という十六雑穀を練り込んだ雑穀麺は全粒粉麺とも蕎麦とも異なる味わい、普段雑穀米とか食べないので何に似ているのか形容のしようがないのですが、ミネラルっぽい感じとでもいうか…。現代の日本人にはあまり馴染みがない雑穀ですが、風味がしっかりしていて麺単体でも美味しく、喉越しも良いです。

    「清湯系貝汁醤油」というつけだれは淡い味わいですが必要にして十分、しじみ油が上品に効いており、麺にしてもつけだれにしても日本人の琴線に触れるような味わい。

    確実に他にはない味わいで、清湯系×細麺にして十分過ぎるインパクトがありました。一般的には「つけ麺らしくない」という評価になるかも知れませんが、新しいもの好きのフリークには受けそうです。ただ、業界的には雑穀=非小麦の麺はラーメン&つけ麺の麺としてどうなんだ?という見方もありそうですが。

    こちらの店主さんかな、一人だけ頭にタオル巻いてなかった方がなかなか男前なうえに非常に感じが良く、惚れてまうかと思いましたw また、「つけ麺エバーゴールド」というネーミングが秀逸ですね。つけだれも麺もゴールドですし。

    以上2軒を食べてまだまだお腹に余裕はありましたが、待ち時間がもったいないので退散。一人での訪問は効率が良くないですね。「ラーメン人生JET」や「龍の家」、「マタドール」も気になりますが、第一陣はこれでおしまいにしておきます。第二陣は順調ならコンプリートすることになりそうです。
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    行きました
    路地裏男さん、こんばんは

    大つけ麺博行ってきました。ぼくもこういったイベントは初めてで、贔屓にさせてもらっている啜磨専科が出店しなければたぶん行くことはなかったと思います。

    路地裏男さんが美味しいと書いていた 金久右衛門 と啜磨専科の後藤さんに伺って一度行ってみたいと思っていた マタドール 以上2店舗狙いで行ってみました

    マタドールは 不思議な味 という言葉以外思いつきませんでした まずくはありませんでしたが、これを、旨い!と言って食べる人がいるのな、と正直思いました。

    金久右衛門は、初めての味でしたが、美味しかったです やはり路地裏男さんの褒めるお店に、ぼくにとっては外れなしです 

    第二陣のレポートも楽しみに待っていますよ
    2012/10/03(水) 00:41:50 | URL | いけすだ #-[ 編集]
    >いけすださん

    こんにちは。
    いけすださんも「偵察&予習」に行かれましたか!
    投票券はちゃんと手元にありますか?(笑)
    ああいうイベントも訪れてみると面白いですよね。
    かと言って今後も行くかというと「?」ですけど…

    マタドールに関しては厳しめの声が多いですね。
    僕は食べていないのでなんとも言えませんが、
    ブースの雰囲気は少なからず良くないと感じました。

    あまり具体的なことを書くのは避けますが
    後藤さんも初日に食べているので、
    機会があったら感想を伝えてみてください。

    第二陣、もしかしたら会場でお会いできるかも知れません。
    これもあまり具体的には書けないのですが(^^;
    2012/10/03(水) 09:21:55 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック