ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    あってりめん こうじ@中軽井沢 (長野県北佐久郡軽井沢町)
    atterimenkouji_out.jpg
    中軽井沢2軒目は中軽井沢駅前の人気店「あってりめん こうじ」へ。店主さんは第1回ラーメントライアウトの優勝者だそうです。

    中軽井沢駅舎が工事中で訪問時は店舗向かいにあるカラーコーンとバーで囲われた砂利敷きのスペース3台分が専用駐車場になっていましたが、おそらく暫定的なものだと思います。しかしローカル線に不釣合いな近代的かつ大規模な駅舎が完成しつつあり唖然としました。これまでの木造駅舎は趣があったのに。

    atterimenkouji_menu_1.jpg
    こちらの主力商品はあってり麺のしょうゆ味、しお味、みそ味。「あってり」とは「あっさり」+「こってり」の意味で、「鶏がら・豚骨・丸鶏などと各種野菜を長時間煮込み、サバ節・にぼし・昆布・カツオなどで取っただしと合わせたあっさりとこってりの融合スープです」とのこと。ちなみにこれが同店のウェブサイトにかかると、

    「鶏がら、丸鶏、豚ゲンコツ、豚背ぼね、等の食材で業界初(かも?)クレシェンド方式を用いて長時間煮込んだ「動物系」とにぼし、あじ節、サバ節、かつお節等をそれぞれ焼き、煮込み、寝かせたスープで完成させた上、数種類の昆布と干ししいたけをふんだんに入れた、あってりの母(oil)を生む「魚and海系」(ぎょかいけい)を一つにブレンドしたのが…」


    となりまして、何が書いてあるのか理解するのにひと苦労です(^^;

    atterimenkouji_menu_2.jpg
    そして訪問時には「にぼしが泳いだあってりめん」という14:00以降限定のメニューがありました。もしかしたら期間限定で、現在は提供されていないかも?ということで「あってり麺・しょうゆ」と「にぼしが泳いだあってりめん・肉入り」をオーダーしました。

    atterimenkouji_shouyu_1.jpg
    あってり麺・しょうゆ(730円)

    atterimenkouji_shouyu_2.jpg
    事前情報ではごぼうのスライスが入っていると聞いていましたが、このときは入っていませんでした。やめたのでしょうか?

    スープはラード感を出した動物系ベースにかつお&煮干しがしっかり効いていて、有名店でいえば、もちもちの木@白岡のような系統。確かに「あっさり」と「こってり」の要素を兼ね備えてはいますが、いろんな要素を複雑に盛り込み過ぎてかえって決め手に欠けるというか、ピントが定まっていないというか。決して「あっさりとこってりのいいどこ取り」にはなっていない印象です。

    atterimenkouji_shouyu_3.jpg
    麺はパツッとした細ストレート麺。確か「にぼし」の方も同じ麺だったと思います。

    atterimenkouji_niboshi_1.jpg
    にぼしが泳いだあってりめん・肉入り(800円)

    atterimenkouji_niboshi_2.jpg
    こちらはある程度濃度がある動物系ベースに煮干しがガツンと効いた、いわゆる「ニボニボ」な一杯。こちらも自分が食べたことのある有名店に例えれば、遊@鶯谷あたりに近いでしょうか。煮干しのえぐみや過剰なクセはなく、「あってり」のスープともよくマッチしていると思います。デフォルトが具なし(ネギのみ)というメニュー設定も某煮干しの有名店を意識したものなのでしょう。

    atterimenkouji_niboshi_3.jpg
    追加トッピングのバラチャーシュー。この厚みならプラス200円でも納得。

    ということで僕の好みは、「にぼしが泳いだあってりめん」>>>「あってり麺・しょうゆ」でした。

    なお帰り際、レジでお会計をするときに残念な出来事がありました。レジ担当の女の子が「にぼし肉入り」の値段(=800円)が分からず、厨房にいた男性に聞きに行きました。ここまではまぁ問題ありません。

    しかし戻ってきた彼女が「720円」でレジを打ったので800円だと覚えていた僕は「安くないですか?」と指摘したのですが、会釈されただけで取り合われません。

    釈然としないまま「安い分にはいいか」と720円のままお会計を終え、財布をしまい、帰ろうとしたら厨房の男性に呼び止められました。

    男性は急いでメニューをパラパラと捲り、「やっぱり!」といった具合に「800円なのであと80円お願いします!」と言いました。「すみません」とも言われましたが、あまり良くない気分でお店を後にすることになりました。僕が小さい人間なのでしょうが、金額の大小に関わらずお金のやりとりってそういうことじゃいけないと思います。

    中軽井沢エリアには他にも宿題店があったのですが、今回は2軒でやめておきました(上記の出来事とは関係なく)。個人的な感想として、ご当地ラーメンがない長野には東京の系譜を継ぐらーめん&らーめん屋が多いと思うのですが、それだとどうしても本場には及ばないのか、僕の場合はあらためて東京のレベルの高さをあらためて実感してしまう結果になりがちです。



    食べたもの あってり麺・しょうゆ(730円)/にぼしが泳いだあってりめん・肉入り(800円)
    訪問日時 2012/09/23(日)13:55
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    あってりめん こうじ 中軽井沢店
    HP http://www.atteri.com/
    住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉3062-1 キャピタル中軽井沢1F
    電話 0267-45-7922
    営業 11:30~15:00/17:30~23:00
    定休 火曜、第3水曜
    駐車場 あり(店舗向かい3台)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。