ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    つけめん 三三七@川崎 (川崎市川崎区小川町)
    sansannana_out.jpg
    「つけめん玉」の2号店として2009年11月オープンしたお店。「七」の字の正確な表記は「七」が3つ並んだ「喜」という字の草書体です。

    sansannana_menu_1.jpg
    店内はL字型カウンター9席、先客5名、後客6名、食券制。卓上にはおろしニンニク、おろししょうが、白ゴマ、一味唐辛子などが置かれていて入れ放題になっています。

    sansannana_ichiban_1.jpg
    一番搾り(750円)麺少なめ

    「麺少なめ」にすると麺の減量と引き換えに味玉を付けてくれるのはうれしいサービスです。

    sansannana_ichiban_2.jpg
    つけダレは煮干しメインの清湯系。まず最初に甘さを、次いで塩気の強さを感じ、煮干しはだいぶスポイルされている印象。かなりしょっぱいです。

    sansannana_ichiban_3.jpg
    全粒粉配合の麺は弾力はありますが、一方で、見た目から期待するほどの風味は覚えず、どちらかというと淡泊。表面が滑らかな分、清湯系のつけダレとの相性も良くありません。「玉」とは対照的です。

    具は刻みチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、刻みネギ。

    同店のキャッチコピーに「鶏と煮干しの黄金比」というフレーズがあるのですが、それを楽しむ以前に塩気と甘味が強すぎました。それを差し引いても「玉」のつけ麺のコンセプトが明確なのと比較すると、こちらのつけ麺はどこに主眼を置いたら良いのか分かりづらい印象です。「玉」と比べると接客は良好でした。

    sansannana_menu_2.jpgsansannana_menu_3.jpg
    白湯系の煮番の方が美味しいという指摘も頂戴しましたので、追々再訪してみようと思います。



    食べたもの 一番搾り・麺少なめ(750円)
    訪問日時 2012/09/18(火)20:21
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    つけめん 三三七
    HP http://gyoku.co.jp/
    住所 神奈川県川崎市川崎区小川町9-7
    電話 044-246-0076
    営業 (平日) 11:00~15:00/17:00~23:00(スープなくなり次第終了)
        (土・日・祝) 11:00~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。