ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    昭和歌謡ショー@庚申塚 (東京都豊島区巣鴨)
    shouwa_kayoushow_out.jpg
    珍妙なタイトルに何事かと思われた方もいらっしゃると思いますが、「昭和歌謡ショー」という名前のお店です。生まれて初めて都電(荒川線)に乗って訪れました。2010年5月オープンで、ご主人が一風堂出身というのは有名ですね。穏やかでとても感じが良い方です。

    shouwa_kayoushow_menu.jpg
    店内はカウンターわずか5席、先客なし、後客1名、後会計。メニューは上の画像以外に「七福・白醤油ラーメン」(700円)、そして昭和歌謡ショーだけありまして「一曲」(0円)というシャレが効いたメニューもあります。調理場の片隅にはギターが置いてありますが、お願いすれば一曲弾いてくれるのでしょうか。とっても小さなお店ですが、客席からも作業工程がよく見えて飽きません。

    shouwa_kayoushow_sio_1.jpg
    地球の塩ラーメン(半熟玉子入り)(800円)

    shouwa_kayoushow_sio_2.jpg
    鶏・豚・魚介のじんわりとしたダシに、塩は4種類の塩をブレンド、「雑味がない」というフレーズを体現したようなスープです。すっきり旨いですが、ちょっと物足りなく感じてしまうかな。

    shouwa_kayoushow_sio_3.jpg
    麺は出身である一風堂を思わせる極細ストレート、かための仕上げ、醤油とは麺を変えているようです。煮豚のチャーシューは残念ながら臭味が感じられて今ひとつですが、ひょっとしたら「昭和」ということで狙っているのでしょうか。味玉は塩味、美味しいです。揚げ玉葱、刻み玉葱、ネギ、水菜、岩海苔。この繊細なスープに岩海苔は好みが分かれそう。

    確かに美味しかったですし、こってりした食事が続いているときとか、呑んだ後とか、こういうすっきりしたラーメンを食べたいときもなくはないのですが、このときはそうではなかったので「満足感」よりも「物足りなさ」の方が上回りました。またこちらには誰もが目にする位置に、

    「昭和歌謡ショーは化学の子ではありません」
    「時間という調味料を添加してます」


    と、化学調味料無添加であることを示唆するコメントが貼られているのですが、こういう書き方だと「化学調味料=体に悪い」という誤解を招きかねない気がするのと、「無化調で、その分だけ手間がかかっています」とも読めるアピールをどう捉えたらいいのかという思いはあるなぁ。

    P1080233.jpg
    都電ですが、現代の車両も「チンチン♪」って言うことに感動しました(´▽`*)



    食べたもの 地球の塩ラーメン(800円)
    訪問日時 2012/08/29(水)18:18
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    昭和歌謡ショー
    住所 東京都豊島区巣鴨4-35-2 巣鴨岩下ビル1F
    電話
    営業 11:30~15:00/17:00~スープなくなり次第終了(20:00頃)
    定休 月
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。