ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    青森煮干中華そば JIN 綱島店@高田 (横浜市港北区高田東)
    このお店は閉店しました

    jin_out.jpg
    7月28日オープンの新店で、本店(?)は世田谷区の松陰神社前にあるそうです。「綱島店」とのことですが、最寄り駅は横浜市営地下鉄グリーンライン・高田駅で、綱島駅からは1km以上離れています。

    jin_menu.jpg
    券売機。「極煮干し」を筆頭に、「煮干し」「極海老煮干し」「海老煮干し」「冷製煮干し」「つけ麺」と並びます。「冷製煮干し」にも魅かれるものがありましたが、ここは「左上の法則」に従って「極煮干し」を。僕は長尾中華そば@青森が好きなので期待大です。

    カウンター9席+テーブル2卓8席、先客なし、後客2名。ホールにはラーメン二郎でおなじみの化学調味料「グルエース」の袋が置かれていて二度見してしまいました。まぁ、過去には業務用スープを堂々と置いている店もありましたが…。調理の男性とホールの女性の2名体制です。

    P1080097.jpg
    薀蓄等。

    それにしてもスタッフ雑談多いなぁ(´Д`;) 特に厨房の男性店員、調理しながらでもよくしゃべるわ。

    jin_gokuniboshi_1.jpg
    極煮干し(800円)

    jin_gokuniboshi_2.jpg
    豚・鶏・野菜・大量の煮干しからなるスープは甘く、煮干しはしっかりとは出ていない感じ。薀蓄には「強烈な魚臭さを求めているお客様には少し物足りないかも知れません」と書かれているので計算通りなのかも知れませんが、それにしても「極」というほどではなく、「極」未満はこれより煮干し控えめなの?というのが僕の感想。長尾中華そばの「ごく煮干し」(記事)のように煮干しに圧倒され、良い意味でノックアウトされるような感じはありません。「ニボニボ」じゃなくて「ニボ」、いや、「ニb」くらいかな。。

    jin_gokuniboshi_3.jpg
    煮干し粉を練り込んだという褐色の「煮干し麺」、麺そのものは悪くないと思うのに存在感を感じないのは、練り込まれた煮干し粉によるところもあるでしょうか。スープと合っていない印象です。合っていないと言えば、カウンターと椅子の高さも合っていなくて食べづらかったですが…。

    P1080104.jpg
    横浜にはない系統だけに多いに期待しましたが、いろいろと残念だったので今後に期待です。駐車場が3台分用意されていますし、営業時間が長いのはありがたいです。



    食べたもの 極煮干し(800円)
    訪問日時 2012/08/07(火)23:32
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    青森煮干中華そば JIN 綱島店(2016年秋?閉店)
    HP http://ramen-jin.com/
    住所 神奈川県横浜市港北区高田東2-1-3
    電話 
    営業 11:00~26:00(材料無くなり次第終了)
    定休 無休
    駐車場 あり(店舗右10mほどの月極内3台)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    先日、横浜センター北へ行く機会があったので新たなラーメン屋さんがないか調べてみたところ、まだ訪問したことのないお店を発見したので行ってみることにしました。 こちらがそ ...
    2015/10/21(水) 22:59:54 | 横浜ブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。