ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【限定メニュー】 豚そば 成@下永谷 (横浜市港南区下永谷)
    naru_out_2.jpg
    夏麺スタンプラリー2012(詳細)、2軒目は豚そば 成@下永谷へやってきました。

    naru_bulltsuke_1.jpg
    豚そば成でbullつけ啜磨専科?(900円)

    昨年の夏麺メニュー(こちら)もG麺7の後藤店主監修のものでしたが、今年も同じく、後藤店主の啜磨専科で提供されていた牛骨つけめんが元ネタになっているのでこの名前になっています。言わなければ分からないかも知れないのにこのメニュー名、指村店主の人柄の表れかも知れません。でも何も知らなかったら頼みにくいかな(´Д`;)

    1日限定30食、麺は大盛同額ですが、並盛でお願いしています。

    naru_bulltsuke_2.jpg
    牛の旨味がたっぷりぎゅうぎゅう凝縮されたつけ汁は、特有の甘味や臭みがなくて美味しい!啜磨専科の牛骨つけめんを忠実に再現している印象を受けます。シャクシャクの刻み玉ねぎが食感的にも味覚的にも良いアクセント。卓上の胡椒も勧めていただきましたが、僕はほんの味見程度に使っただけで、デフォで十二分に満足できました。そうそう、冷やしではなく温かいつけ汁です。

    naru_bulltsuke_4.jpg
    たっぷりの昆布だしに浸された平打ちのツルッとした麺もつけ汁をほど良く持ち上げますし、牛骨スープと昆布だしの相性の良さ、相乗効果も目を見張ります。この器にはすだちが添えられ、鷹の爪も仕込まれています。

    naru_bulltsuke_3.jpg
    チャーシューは赤身を残したローストビーフ風、わさびが添えられたもの。これはスタンプラリーのポスターや横浜ウォーカーに掲載されていた写真と比べるとずいぶん小さくてしょんぼり(´・ω・`) ポスターの写真がインパクトあっただけに尚更です。わさびも器の縁で良いような。

    味変アイテムの大根おろしを投入すると、最初はかえって油が気になるようになるのが不思議です。最後は麺が浸かっていた昆布だしでスープ割りをしてごちそうさまです。

    確かに美味しいですし、豚そば成で豚不使用のブルブルしたつけ麺というのも面白いですけど、豚そば成にしか作れないブタブタした夏メニューも食べてみたいところです。同店のスタンプラリーの景品は、夫婦茶碗かTシャツから選べます。



    食べたもの 豚そば成でbullつけ啜磨専科?(900円)
    訪問日時 2012/06/09(土)18:48
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    豚そば 成
    ブログ http://ameblo.jp/butasobanaru/
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷3-4-6
    電話 045-827-2361
    営業 11:00~25:00
    定休 不定休
    駐車場 あり(店舗左3台+店舗前2台)
    過去のレポート
    2011/06/15 成つけ featuring G麺7(並)/豚そば
    2009/07/29 豚のり玉そば
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。