ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    惜別と感謝と門出を祝して 森や(もりや)@東戸塚閉店
    moriya_out_4.jpg
    先週末、ある名店が静かに幕を降ろしました。



    moriya_out_3.jpg
    森や(もりや)@東戸塚。


    当ブログの「森や」の記事一覧


    最初にその知らせを聞いたときはショックのあまり言葉を失いました。初訪問から1年ほどのペーペーな僕ですらです。おそらく多くの人が直前に知った今回の閉店劇…


    moriya_menu_4.jpg
    森やの信条と言えば、厳選素材を使用した安心安全ならーめん。それは店名の「森」の字の表記が正確には「木・水・土」の三文字の組み合わせから表されることでも明らかです。

    片やこの僕はと言えば、らーめんを食べる以上は「不健康覚悟」「ジャンク上等」とばかりに、食材の安全性には無頓着でした(もちろん程度の差はあるけれど)。

    ですから安全性を謳われても、とりわけその点が心に響くことはなかったんです。

    でも驚きだったのが、そういう森やのらーめんが僕にとっても大変美味しく、しかもそれが他に代わりがない美味しさだったこと。このことは本当に衝撃的であり、初訪問後はそれまでの自分の穿った考え方や先入観を恥じるばかりでした。


    moriya_genki_1.jpg
    元気らーめん・正油(860円)+味付玉子カリフリ(150円)

    moriya_genki_2.jpg
    醤油の深みとコクが感じられるスープ。タレは襟裳岬のサケ醤油に三年熟成の醤油をブレンドしたもの、醤油のパンチが効いたはっきりした味ですが、後味はすっきり。

    moriya_genki_3.jpg
    はるゆたかの二番粉を使用したワンタン。

    moriya_mitsuboshi_1.jpg
    三ツ星醤油らーめん・はるゆたか(850円)+味付玉子カリフリ(150円)

    moriya_mitsuboshi_5.jpgmoriya_mitsuboshi_2.jpg
    こちらは「日本醤油之最高」と銘打たれた堀河屋野村の三ツ星醤油を使用、百姓庵の自然海塩、しろつめ草のはちみつで味を整えたとのこと。さっぱりとして上品、雑味のない味わいは醤油本来の旨味を存分に生かしたもので、そのシンプルかつストレートな旨さは昔ながらの中華そばの最高峰とでもいった趣。

    moriya_mitsuboshi_3.jpg
    三ツ星醤油同様、国産小麦最高峰の「はるゆたか」を100%使用した中太ちぢれ麺。豊かな風味をまとったそれは、北の大地に育まれた力強さと素朴さが実直なまでに表現されたもの。森やの代名詞のひとつでもありました。

    moriya_mitsuboshi_4.jpg
    カリフリ農場産の玉子。こんなに色鮮やかで濃厚な黄身にお目にかかったことはありません。

    moriya_kiriotoshigohan_2.jpgmoriya_kiriotoshigohan_1.jpg
    切り落しちゃーしゅーごはん(350円)




    これら一つ一つすべてが唯一無二、

    代わりが効かないものばかり…




    今風(?)に言えば「オンリーワン」ですかね…




    「他にはない」ということで付け加えれば、このあたりのらーめん専門店にはめずらしい小上がりの席も。

    私事ですが昨年家族が増えたこともあって、子連れでらーめんを食べに行くなら食材の安全性が高く、小上がりもあって子供を連れて行きやすい森やだな、5年先も10年先もお世話になろう、などと勝手に思っていたのです。それだけに閉店を知ったときはものすごい喪失感に苛まれました。


    でもその理由を知って、少し救われました。


    林店主ご夫妻は至ってお元気でお店も順調でしたが、じきに北海道へ移住され、そこでお知り合いの方がミュージアムをなさっている廃小学校内で飲食店を営まれる、というのが閉店の理由だそうです。

    「らーめんはいつでも出来るから」という理由でそちらではらーめんはやらないそうですが、もし任せられる若い人がいれば、あらためて横浜にらーめん店を持つことも考えていらっしゃるそうです。

    また、安全な食材や安全ならーめん、スローフードの普及のために、生産者とお店の間を取り持つようなこともできれば…ともおっしゃっていました。

    それを伺って林店主ご夫妻らしい方向性と、発展的な閉店であることに胸をなで下ろしました。森やは閉店しますが、森やのスピリットは確実に継承されていくに違いありません。


    うーむ、僕も感心してばかりではなく、現状に満足せず自分との戦いに勝たねば、と思ったり。


    森や様、個人的には短い間でしたが今まで心に残るらーめんをありがとうございました。林店主ご夫妻の一層のご健康とご多幸、ご発展を心よりお祈り申し上げます。北海道、いつか遊びに行かせていただきます!
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    こんにちは^^

    ちょこちょこ拝見させて頂いてます!

    森や閉店 今知りました…今年も夏麺楽しみにしていたのに、デフォすら食べれなくなったのは寂しい限りです…もう一度はるゆたか食べたかったなぁ・・・
    2012/05/28(月) 20:57:59 | URL | レタス #-[ 編集]
    情報ありがとうございます!
    路地裏男さん

    そういう前向きな話だったんですね。

    しかし、単純に自分の事を考えればあのらーめんがもう食べられないのは素直に残念でしかたがないです。

    せめて最後にもう一杯だけ食べたかったですね!

    らーめんだけじゃなく、あの気の利いたサイドメニュー。。。シラスやホタテの佃煮のほぐし等。。。

    いや、めちゃかなしい。。。

    いつか戻って来てくれる事を願うと同時に向こうでもがんばって頂きたいと思うだけです。

    北海道にもねこを連れて行かれるんですかね?

    2012/05/28(月) 21:04:26 | URL | MOTO-G #RAa2TALo[ 編集]
    >レタスさん

    こんにちは。
    コメントをいただいたのはお初ですよね…?
    いつもご覧いただきありがとうございます(´▽`*)

    僕も先週の今頃はまだ知りませんでした。
    最初はショックに打ちひしがれましたが、
    時間と共に受け入れられるようになりました。

    でも本文に書いた通り、
    他に代わりがないらーめんだけに寂しいですよね。
    よっぽど自分が弟子入りしようかと思いましたよ…
    2012/05/29(火) 01:24:57 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    >MOTO-Gさん

    こんばんは。おっしゃる通りただの閉店ではなく
    前向きな話だったのは喜ばしかったのですが、
    あのらーめんがもう食べられないのはあまりに残念ですよね。
    同業の人に聞いても相当ハイレベルだったようで
    真似できる人もいなさそうなだけに余計そう思います。

    一方でいずれはそうなる運命?だったのかなという気もします。
    でも何らかの形で森やの味に再会したいですね。
    2012/05/29(火) 01:29:40 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    うーん
    美味しいけど不衛生だった印象しかないなー

    店の裏には生ゴミ放置してネズミがでてきてたり、カラスがゴミ散乱させたりしてた。
    二回目はありませんでした。
    2013/03/29(金) 21:32:09 | URL | 荒俣宏 #-[ 編集]
    >荒俣宏先生

    そうでしたか…
    確かにきれいなお店ではなかったですが、
    らーめんが凄かったからか
    そこまで気にする余裕がありませんでした(汗

    でも飲食店ではそういう部分も重要ですよね。
    自分もそういう光景を見たら次は考えると思います。
    2013/03/29(金) 22:37:23 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    先週末、ある名店が静かに幕を降ろしました。森や(もりや)@東戸塚。当ブログの「森や」の記事一覧最初にその知らせを聞いたときはショックのあまり言葉を失いました。初訪問から...
    2012/05/28(月) 19:25:08 | まとめwoネタ速neo