ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    牛薫る麺処 嵐風@新井薬師前 (東京都中野区新井)
    このお店は閉店しました

    arakaze_out.jpg
    不如帰@幡ヶ谷のプロデュースで2012年2月25日にリニューアルオープンしたお店。前身のお店「ひろまる」を閉店しようとしていたところ、先輩である不如帰店主が手を差し伸べ、心機一転オープンの運びとなったそうです。西武新宿線・新井薬師前駅から徒歩5分ほどです。

    店内はカウンター8席、先客・後客共になし、食券制。券売機の写真は撮らなかったのですが、麺は牛醤油らぁ麺(720円)、牛塩らぁ麺(750円)とそのトッピング違いのみです。

    P1070092.jpg
    「嵐風」と書いて「あらかぜ」と読ませるのは少々難読のように思ったのですが、上記のような由来があったんですね。

    arakaze_gyuushouyu_1.jpg
    牛醤油らぁ麺(720円)

    他の方のレポートを見ると、「牛塩らぁ麺」とはトッピングを使い分けているみたいです。

    arakaze_gyuushouyu_2.jpg
    スープは「業界初」という和牛と煮干の組み合わせ。そして無化調。牛ダシも醤油ダレもしっかりダイレクトに効いていて分かりやすい味、その分ちょっと単調かなぁと思います。オイリーですし。それらに隠れているのか、煮干しを感じられないのは食べ手が駄舌なので仕方ありません(´・ω・`)

    arakaze_gyuushouyu_3.jpg
    全粒粉配合の細麺はサクサク軽快で、重量感あるスープとの対比が良いですね。美味しいです。不如帰と同じ仕様だとか。

    arakaze_gyuushouyu_4.jpg
    基本のらぁ麺にはチャーシューは乗らず、代わりに厚みのあるすじ煮込みのような肉と、薄切りの肉の2種類が乗ります。

    途中までは美味しかったのですが後半が重たく、さりとて刻み玉ねぎや白ネギ、青ネギ達にその流れを変えるほどのパワーは感じられません。メンマはすごく生きそうですが別売り(150円)です。

    メンマを別売りとしたのは一杯700円前後の価格を実現するためなのか、お店サイドでメンマは絶対に必要ではないと判断したからなのかは分かりませんが、150円という価格設定共々残念です。

    総じて凝った作りの一杯なんだと思いますが、自分には美味し過ぎるというか、旨さの押しが強くて「モォ~、たくさん」となってしまいました。もう少しすっきりしていてくれるか、キレがあってくれれば、と思います。食後には甘味と玉ねぎ&ネギの香りが強く残りました。

    フリーク以外の一般の方にはダシが牛だろうが豚だろうがさほど関係ないでしょうし、らーめんそのもの以外の部分が大差なければリニューアル前と結果は同じはず。大変だと思いますが頑張って欲しいです。



    食べたもの 牛醤油らぁ麺(720円)
    訪問日時 2012/03/16(金)19:21
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    牛薫る麺処 嵐風(あらかぜ)(2013年2月24日閉店)
    住所 東京都中野区新井5-9-8
    電話 03-5942-9838
    営業 11:30~14:30/18:00~23:00
        (金・土)11:30~14:30/19:00~25:00
        (日)11:30~売り切れまで(100杯が目安)
    定休 不定休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック