ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    自宅 de 長尾中華そば@青森のお取り寄せ麺
    年始に横浜高島屋の催事で食べた長尾中華そば@青森。あのニボ味が忘れられず、期待を込めつつ公式サイトを確認したところ、やっぱり「お取り寄せ」(通販)があるのですね(* ´∀`)b

    僕自身が再食したいのはもちろん、周りの人にも食べさせてあげたいという思いもありまして早速取り寄せました。今回注文したのは「あっさり」「あっこく麺」「こく煮干し」の各2食、計6食セットで送料込み4,200円のもの。

    6食で4,200円。お店で食べるのと大きくは変わらないスープと麺が楽しめ、さらにチャーシューとメンマまで付いてきて、1食あたり送料込み700円というのはかなりリーズナブルではないでしょうか。注文の翌日には発送してくれましたよ。

    ということで、自宅でらーめん屋さんの真似事を。

    jitaku_nagao_assari_1.jpg
    あっさり×細麺

    jitaku_nagao_assari_2.jpgjitaku_nagao_assari_3.jpg
    最初に食べたのがこちら。あっさりは鶏・豚不使用ということにちょっとびっくり。油分も少なくやさしい味わいで、これぞまさに「中華そば」らしいイメージ。ストレートに近い麺は「細麺」と言ってもそれなりの太さがあります。2種類のチャーシュー、メンマは付属のもの(以下同じ)。

    jitaku_nagao_akkoku_1.jpg
    あっこく×中太麺

    jitaku_nagao_akkoku_2.jpgjitaku_nagao_akkoku_3.jpg
    自宅で食べた3種類の中で一番美味しかったのがこちら。あっさりとこく煮干しのWスープは、ほどほどにこってりニボニボ。それに適度な力強さのちぢれ麺の組み合わせで、長尾中華そばの個性は十分醸しながらも、一般向けの受け入れられやすさも残したイイトコドリな一杯だと思います。刻みネギは自前でトッピング。

    jitaku_nagao_kokunibo_1.jpg
    こく煮干し×手打ち麺

    jitaku_nagao_kokunibo_3.jpgjitaku_nagao_kokunibo_4.jpg
    ニボニボの本命。外ではこれより濃厚な「ごぐにぼ」を体験済みながら、不思議なもので自宅で相対する「こく煮干し」はそれと変わらないか、あるいは上回ろうかという強烈さ。家庭の食卓には凶暴過ぎますw 麺のかなりの部分が冷凍状態で割れており、細切れで食べにくくて仕方なかったのは残念。

    ということで、トータルではかなり満足度高かったですよ。1人前の麺量が180gというのもうれしいですし、何より青森まで行かなくても食べられるのですから。強いて言えば賞味期限が出荷から2週間以内なので、一般的な家庭で全食セットを買うと、休日の昼ごとにニボニボすることになりかねないのがアレですが、まぁ、これを買うような家庭はそんなことを厭わないでしょうから問題ないでしょうw
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。