ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    永福町大勝軒@永福町 (東京都杉並区和泉)
    eifuku_taishouken_out.jpg
    1955年創業、言わずと知れた老舗の名店です。最近「永福町大勝軒系」といわれる一杯を食べる機会が何度かあったのですが、本家を食べたことがないんじゃ話になるまいということで初めての訪問です。

    店内はカウンター13席+テーブル3卓10席、先客7名、後客6名。建物自体は決して新しくはないのに隅々まで磨かれていて清潔そのもの、接客もとても丁寧で礼儀正しく好印象、入店間もなくして名店の予感です。

    eifuku_taishouken_menu.jpg
    基本メニューにして1,000円超えの「中華麺」をお願いすると、厨房に「おそば」というオーダーが通りました。「初めての方はスープが熱いのでご注意」と書かれた注意書きなどを見ながら待ちます。その間も、お冷のグラスが空く前に店員さんが注ぎに来てくれるサービスの良さです。

    eifuku_taishouken_cyuuka_1.jpg
    中華麺(1,050円)

    eifuku_taishouken_cyuuka_2.jpg
    通称「洗面器」と呼ばれる巨大な丼がお目見え。長めの竹の割り箸を置いての比較。量は一般的ならーめんの倍です。

    eifuku_taishouken_cyuuka_3.jpg
    登場と共にゆずが香るスープ。煮干しがガツンと効いているのは言うまでもなく、胡椒のスパイシーさ、表面を覆うラードのこってり感やとろみも手伝って結構しっかりした味わい。最後までアツアツでもあります。ちなみにナルトが小さいのではなく、レンゲが極めて巨大なのです。

    eifuku_taishouken_cyuuka_4.jpg
    短めの麺はチュルンチュルンの食感。茹で加減は元々軟らかめなうえに、量も多く多加水ゆえに伸びやすく、じきによそのお店だったら眉間に皺を寄せかねないほどやわやわに。しかし、これでも美味しく思えるのが流石。終盤に3cmにも満たないような小間切れの麺が大量に残るのはいかがかと思いますが。

    eifuku_taishouken_cyuuka_5.jpg
    メンマは絶妙な軟らかさ、4枚も乗るチャーシューも見た目に反して軟らか、香ばしさもあります。これが基本のらーめんなのですから、チャーシュー麺はいったいどんなことになるのだろうかと誰もが思うことでしょう。

    世の中に「昔の名前」で出ているお店は数あれど、ここまで誇りと緊張感を持って真摯に名前を守っている店もそうそうないのではないかと思いました。人それぞれ様々な意見がありそうなお店だとは思いますが、名店ぶりをひしと感じられて僕は満足でした。

    ということで特筆すべきポイントの多いお店でしたが、何より驚いたのは客席にカシミアティッシュが奢られていたこと。普通のティッシュより柔らかく高級なアレです。しかもスコッティ!これを使っている店は初めて見たかも知れません。そんなところにもこの店の本気を見た気がして、素直に感動しました(´・ω・`)



    食べたもの 中華麺(1,050円)
    訪問日時 2012/01/23(月)19:06
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    永福町大勝軒
    HP http://eifuku-taishouken.com/
    住所 東京都杉並区和泉3-5-3
    電話 03-3321-5048
    営業 11:00~23:00
    定休 不定休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。