ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    神勝軒 (横浜市栄区長沼町)
    jinshouken_out.jpg
    戸塚駅から大船方面に向かう線路沿いの道に今年1月にオープンした、東池袋大勝軒の流れを汲むであろうお店。茨城あたりを中心に開業支援などを手広く手がけている麺屋こうじグループの神奈川初進出店でもあるのだとか。

    店名は「神奈川+大勝軒」の意味合いらしいですが、「神に勝つ」ってちょっとどうかと思わなくもない気がするのは考えすぎですかね。「じんしょうけん」と読むそうです。

    この場所は頻繁にテナントが入れ替わる物件で、以前は天河水@下永谷のセカンドブランド「天河水 潮風」が短期間で逝ってしまったわけですが、その天河水@下永谷も店じまいし、11月3日から「神勝軒 上永谷店」としてオープンしています。

    jinshouken_menu_1.jpgjinshouken_menu_2.jpg
    店内はカウンター8席+テーブル7卓28席、先客3名、後客なし、食券制。券売機左上はつけ麺ですが、肌寒かったのでらーめんにしました。温かいらーめんが恋しい季節になってきましたよね。らーめんは並盛150g、中盛200gで中盛まで同料金とのことなので中盛を。

    jinshouken_ramen_1.jpg
    らーめん・中盛(700円)

    なんでしょう、見た目にちょっとそそられました(*´Д`*)

    jinshouken_ramen_2.jpg
    とろみのある濃厚かつ重量感あるスープ。最初は節類をかなり強く感じましたが次第に慣れて行くのと、ゆず皮で変化が付けられていて飽きさせないというか、濃厚一辺倒ではなくなっています。ざらつきもなく、食後にもたれる感じもありません。

    jinshouken_ramen_3.jpg
    麺は平打ち気味のコシのあるモチモチとしたもので、山岸御大のもりそばとは一線を画す、昨今のトレンドにマッチしたもの。具はチャーシュー、メンマ、青菜、ネギ、ナルト、海苔。

    スープをひと口飲んだ瞬間は、後半になって中盛の麺が重荷になる展開を危惧したのですが、そんなこともなくラクラク完食することができました。らーめん自体は悪くないと思います。ただ、店の雰囲気に魅力がないのがすべてと言わんばかりに客足はさっぱりで、下永谷店がオープンしたこともあって、じきにこちらもテコ入れされそうな気がしないでもありません。



    食べたもの らーめん・中盛(700円)
    訪問日時 2011/11/06(日)19:25
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    神勝軒
    住所 神奈川県横浜市栄区長沼町194
    電話 045-862-9576
    営業 (日~金)11:00~22:00
        (土・祝前日)11:00~23:00
    定休 無休
    駐車場 あり(店舗前6台) 
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック