ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    饗 くろ喜 - MOTENASHI KUROKI -@秋葉原・浅草橋
    kuroki_out.jpg
    今年6月20日にグランドオープン、すでに人気店となっているお店。秋葉原駅と浅草橋駅のちょうど中間付近にあります。「饗」は「もてなし」と読み、「喜」という字は正確には「七」を3つ書く旧字体。あまりネットで検索されたいとは思ってなさそうな店名です。

    kuroki_menu.jpg
    18:03着で外待ち4名、18:09にようやく開店、カウンター9席+テーブル1卓4席はすぐに満席になりました。券売機で「雲呑塩そば(950円)」の食券を購入、店員さんに手渡すと細麺と平打ち麺が選べるとのことなので細麺を。卓上には乾燥梅干し、やげん堀の七味唐辛子、オリジナルの香辛オイルが。半数ほどの人が注文していた味噌は少し時間がかかると言われていました。

    店主さんは和食とイタリアンの出身で、ラーメン業界は初めてという方。特にラーメンの食べ歩きなどもされていなければ刺激を受けたお店などもないようで、なぜラーメンを?という感じではあります。

    kuroki_wantansio_1.jpg
    わんたん塩そば(950円)


    kuroki_wantansio_2.jpg


    スープをひと口…


    うまーっ!完飲の予感!


    丸鶏、羅臼昆布、焼きあご、さんま、かつお等を使った、無化調の透き通ったスープ。見た目はあっさりしてそうだし、材料のメンツだけ見るとひとクセありそうですが、実際はまろやかで、それぞれの旨味をしっかりと主張させてバランスを取っている感じ。「1+1+1=3」の「3」の部分ではなく、「1+1+1」の式の部分を楽しませる仕様とでも言いますか。…ワケワカメな表現ですが、つまり、味わいの彩りがなんとも豊かで、芳醇であり、豊潤であり。

    塩は6種類をブレンドしているそうで、天日湖塩、藻塩、海の華、粟國の塩、海外の塩、あと1種類はよく見えなかったのですが各地の塩が棚に並んでいました。そこからミネラルたっぷりな深みとコクのある味わいを想像しましたが、そうでもなく、むしろさっぱり系ですかね。

    基本は「和」テイストだと思いますが、時折「洋」っぽさも感じた気がしたのは、黄金色をした鶏油と塩がそれっぽく交錯したタイミングだったのかしら?自分でもよく分からないのでこの辺は宿題で(´・ω・`)

    kuroki_wantansio_3.jpg
    色白な麺はしなやかでパツッとして硬めの仕上げ、味わいはそうめんっぽくもあります。

    トッピング類は手間がかかっている感じで、ワンタン、チャーシュー、メンマ、ちぢみ小松菜、揚げごぼう、白ネギ、それぞれにこだわりが感じられます。

    kuroki_wantansio_4.jpg
    ワンタンは食感がコリコリでウマッ!と思ったら、プリプリの小海老が丸々入っているではないですか。風味もバッチリ。餡は薬味類を控えたもので、他を邪魔しないナチュラルな味わい。鶏だしと塩で味付けたというメンマも薄味で上品。揚げたごぼうは何者だか分からなかったですが、そういうことでした。

    チャーシューは肩ロースを低温調理した本格的な焼き豚で、柔らかいが歯を押し返すような弾力があり、かなり美味しいというか、個人的に相当好みです。赤みが残っているのとラーメンのチャーシューっぽくはないので、好みは分かれるかも知れませんね。ちなみに追加トッピングできるのは煮豚(1枚150円)だけで、この焼き豚は追加できないようです。

    んー、どれもかなりのこだわりだ…!

    なのだけれど。。

    スープはひと口めは完飲の予感!だったのですが、だんだんに岩塩系に由来するものなのか塩気がきつくなってきまして、結局残しました。ラーメンのスープとしてはそれほど塩気が強いとは思いませんが、このスープならもっと抑えても良さそうに思います。

    それと、ひとつひとつは美味しかったのですが、トータルの印象がどこか漫然としているというか、「ビシッ」とキマっている感じがしません。ネット上で「何かが足りないか、何かが多すぎる」といったレビューを見かけましたが、正にわが意を得たり。それが上に書いた「1+1+1=3」の「3」の部分、…なのかも知れませんが。

    でもレベルが高いのは間違いないので、また訪問したいと思いまーす。



    食べたもの わんたん塩そば(950円)
    訪問日時 2011/10/20(木)18:03
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    饗 くろ喜 - MOTENASHI KUROKI -
    住所 東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館1F
    電話 03-3863-7117
    営業 11:30~15:30/18:00~21:00(水曜日はランチのみ)
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    流星軒の限定で引き潮のアレンジが始まったいますよ。
    2011/10/22(土) 23:54:05 | URL | ジョージ #-[ 編集]
    >ジョージさん

    ありがとうございます、さすが早いですね!
    「引き潮プレミアム」ですよね、
    明日食べに行こうと思っています!
    2011/10/22(土) 23:58:40 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    「くろ喜@秋葉原・浅草橋」の実食レポート。 2011年6月8日創業。 店主は、黒木直人さん。 黒木さんは、和食やイタリアン、フレンチなどの世界を渡り歩いた経歴をもつ。 こういっ...
    2013/08/07(水) 10:29:38 | 中野ブウブウKING
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。