ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    豚骨屋台らーめん 秋葉原 福の軒 (千代田区神田佐久間町)
    fukunoken_out_1.jpg
    JR秋葉原駅昭和通り口の改札からすぐ、秋葉原公園のすぐ脇に7月14日オープンした九州系豚骨らーめんのお店。店内は1階に券売機があり、1階にカウンター8席と2階にも席があります。

    P1050028.jpg
    店員さんに食券を渡すと「麺のかたさは普通でよろしいですか?」と尋ねられます。僕はかためでお願いしました。

    fukunoken_ramen_1.jpg
    特製らーめん(380円)+キャベチャー(150円)

    名称こそ「特製」となっていますが、これが基本かつ一番安いらーめん。他には辛そうな「赤辛々らーめん」(450円)とか、マー油入りの「黒マー油らーめん」(500円)などのレパートリーがありました。

    fukunoken_ramen_2.jpg
    スープはクセのない万人向けなもの。この系統としてはさっぱりしていてパンチも奥行きもありませんが、飲みやすくて値段を考えれば十分です。…売り文句の「圧力鍋仕込み」「直火焚き」がこのお店の中で行われているかは別として。

    fukunoken_ramen_3.jpg
    麺もきちんとかためで提供。こちらも値段を考えれば十分。ただし、トッピングのチャーシューはバサッとして、キャベツもかたくて旨味もなくいまひとつですが、これも値段を考えれb(以下略

    P1050027.jpg
    味変アイテムはこんな感じ。辛子高菜があれば完璧ですが、値段をかんg(以下略

    ボリューム的にも少々物足りませんでしたが、そこは替玉が親切にも半玉(50円)から用意されています。つまるところ「安い、早い、(普通に)うまい」という一杯で、博多天神や風龍といったワンコイン(500円)の博多ラーメンを凌ぐ価格設定を思えば立派であり、むしろ一杯500円だったとしても納得はできちゃうクオリティだと思います。

    不満があるとしたら椅子が座りにくい、というか形状的にお尻が痛く、坐骨神経痛の僕は味わうことに集中できなかったのですが、もしかするとそういう作戦なのかも知れないと考えたら妙に納得できたり(苦笑)。

    なお、お店とは直接関係ありませんが、目の前の秋葉原公園はサラリーマンからホームレスっぽい人まで、喫煙者の巣窟となっており、副流煙がモクモクと物凄いことになっています。なんでも公園での喫煙は路上喫煙に含まれないのだとか。おかしな話ですよねぇ。



    食べたもの 特製らーめん(380円)+キャベチャー(150円)
    訪問日時 2011/09/15(木)18:38
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    豚骨屋台らーめん 秋葉原 福の軒
    住所 東京都千代田区神田佐久間町1-19
    電話 03-3256-5605
    営業 11:00~24:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック