ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    あたりや食堂 (東京都千代田区神田須田町)
    atariya_out.jpg
    秋葉原駅から神田駅方向に向かって徒歩5分ほど、7月21日にオープンした宮崎県の老舗の東京進出店です。「あたりや」というのは商売気質的には縁起の良い名前なのでしょうが、どうも物騒なものを連想してしまうのは僕が小心者だからでしょうか(´Д`;)

    atariya_menu.jpg
    新装の店内はカウンター12席+テーブル1卓4席、先客1名、後客なし。こちらは看板にも書かれている通り「雷々麺」が売りらしく、雷々麺とはなんぞや?と言いますと、「うどんに野菜の餡をかけたものが始まりで(中略)、材料に豚肉やさつま揚げ、チャンポン麺などを取り入れピリ辛の雷々麺が誕生しました」とのこと。

    この説明だけではどんなものかピンと来ませんよね。では早速…

    atariya_ramen_1.jpg
    ラーメン(650円)

    おいおい、雷々麺ぢゃないのかよ?って、

    ムリ。

    なんたって僕は冷やしらーめん食べても汗かく人ですから、この節電サマーに、例えピリ辛程度であろうと辛いものを食べた日には大変暑苦しいことになります。室温を上げかねません。犬ならきっと「ホットドッグ」と言われます。そういうことなので、雷々麺は断念。ララララ雷々麺。

    atariya_ramen_2.jpg
    白濁したスープはパンチはありませんが、ダシの旨味が穏やかに、それでいてしっかり感じさせてくれてとても美味しいです。

    atariya_ramen_3.jpg
    ツルツルしたストレートに近い細麺は最初から柔らかめ。これが雷々麺のチャンポン麺と同じかは分かりませんが、そう言われればチャンポンを連想させる感じの麺です。

    atariya_ramen_4.jpg
    具はチャーシュー2枚、もやし、万能ネギ。同じ九州の博多長浜系に似た構成ですが、こちらは紅生姜や高菜みたいな無料トッピングは一切用意されていないのでだいぶ寂しく感じられますし、コストパフォーマンス的にもどうかなという気がします。

    スープはかなり美味しいし、シンプルで安心して食べられますが、裏を返せばまとまり重視で決して個性的ではありません。でも個性を楽しみたければ雷々麺を食べなさいなって話ですよね(´Д`;)



    食べたもの ラーメン(650円)
    訪問日時 2011/08/18(木)18:25
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    あたりや食堂
    HP http://atariya.ciao.jp/
    住所 東京都千代田区神田須田町2-15-3 215ビル1階
    電話 03-5298-2557
    営業 11:00~21:00
    定休 日
    駐車場 なし(店舗前にパーキングメーターあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック