ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺屋武蔵 巖虎 (東京都千代田区外神田)
    musashi_iwatora_out_3.jpg
    近くまで来たこともあって、麺屋武蔵 巖虎@秋葉原へ未食のつけ麺を食べに訪れました。秋葉原2店舗目の武蔵系列であり、二郎インスパイアでスタートしたのに短期間でコンセプトを変更したりと、迷走気味の印象が拭えないお店ではあります。

    P1040658.jpg
    店内はカウンター14席、先客5名、後客5名、食券制。今も二郎っぽいガッツリ系メニューはありますが、メインはつけ麺のようです。待ちながら厨房を眺めていると、棚に置かれている丼はすべて向きが揃えられています。小さなことですが、こういうこだわりは好きです。また、武蔵ではお約束の湯切り時の「ヨイショ、ヨイショ」というかけ声の唱和が行われていないのも個人的には好感。

    それにしてもつけ麺だからなのか、やたら待たされます。結局、食券を渡してから提供まで15分もかかりました。そんなに混んでいるわけでも、オーダーが重なったわけでもないのに。昼どきではないにしても客層はほぼサラリーマンなのに、こんなのんびりしたことで良いかと思ってしまいます。

    musashi_iwatora_tsuke_1.jpg
    つけ麺(750円)+大盛(無料)

    musashi_iwatora_tsuke_2.jpg
    つけ汁は濃度高めでドロッ、ザラッとした舌触りのもの。煮干しの苦味と武蔵特有の甘ったるさで何とも言えない味わい。

    musashi_iwatora_tsuke_3.jpg
    麻の実が練りこまれているという「麻麺」、断面は四角く、茹で加減はかためで食感はガチムチ、〆加減はぬるもり。散々待たされたわりに硬めで、さらに冷たく〆られてもおらず、何にそんなに時間がかかったのか分かりません。麻の実がプチプチしていますが、特に風味に寄与しているとは思いませんし、色のわりにまったく旨味を感じない麺です。

    あいにく自分の好みではないものでした。最近では週に数杯しか食べない麺なのに、そのうちの一杯にこれを選んでしまうとは。自分の選球眼の悪さにがっかりです。



    食べたもの つけ麺(750円)+大盛(無料)
    訪問日時 2011/08/04(木)18:18
    満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆

    麺屋武蔵 巖虎
    HP http://www.m634.com/634/
    住所 東京都千代田区外神田1-3-9 木倉ビル1F
    電話 03-3256-0634
    営業 11:00~22:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2010/12/12 まぜそば+大盛+野菜増し
    2010/05/27 らー麺+大盛+野菜増し
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。