ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    武蔵野アブラ学会 早稲田店 (東京都新宿区西早稲田)
    musashino_waseda_out.jpg
    都電荒川線・早稲田駅近くにある油そば専門店です。

    musashino_waseda_menu_1.jpgmusashino_waseda_menu_2.jpg
    このお店が入る前はごく小さな呑み屋だったのでしょうか、店内は席間がタイトなカウンター7席+2~3名がけの座卓が3卓がある座敷、先客3名、後客7名、食券制。

    P1030493.jpg
    こちらの「秘伝のタレ」が2011年モンドセレクション最高金賞を受賞したそうです。知っているようで知らないモンドセレクション、Wikipediaによればモンドセレクションの特別金賞は2006年以降、毎年50点以上の日本製品に与えられていると同時に、海外ではあまり興味を持たれていないみたいですね…。

    musashino_waseda_abura_1.jpg
    油ソバ大盛(600円)+マヨがけ(50円)+温泉たまご乗せ(70円)

    musashino_waseda_abura_2.jpg
    割り箸を置いての比較画像ですが、大盛でも量は決して多くありません。学生の街であることを考えるとボリュームというのは重要な要素だと思いますが、値段を考えれば仕方ないでしょうか。足りなければ増やせば良いわけで。

    musashino_waseda_abura_3.jpg
    味は油そばに期待するようなオイリー感よりも、コクがあり香ばしい醤油タレの風味の方が立っている印象。トッピングのマヨネーズは、これを大雑把に混ぜておくと時折酸っぱさが顔を出して食が進みます。50円という設定に「儲かるだろうなぁ」とは思っちゃいますが。茶色がかった麺はガッチリして力強く、つけ麺などに使われそうなもの。この油そばの主役がこの麺であることを伺わせる旨さです。

    musashino_waseda_abura_4.jpg
    チャーシューは脂身が多くて個人的にはイマイチ。

    P1030494.jpg
    飲み放題と書かれているスープですが、目立たない場所にセルフサービスで用意されており、帰りに席を立ってから気づきました。僕の周りの人も飲んでいなかったので、同じようなお客さんも少なくないのでは?と思います。せっかくなのだからもっと宣伝すればいいのに。

    総評としては、ライバルであろう麺珍亭本舗と比べると、こちらの方がフォロアーらしい個性や作り込みを感じさせると共に、トッピングやサイドメニューは充実しています。ただ、「この値段でこんなに食べさせてくれるの!?」というお値打ち感がさっぱりなので、厳しい見方をすればこの地での大ブレイクはないんじゃないかなとも思います。

    神田店の記事にも書きましたが、大盛が240gとかなり少なめ(並盛は180g)なのと、大盛の上の「ダブル盛」がいきなり420gという設定はどうなのかなぁ、と思っちゃいますなぁ。



    食べたもの 油ソバ大盛(600円)+マヨがけ(50円)+温泉たまご乗せ(70円)
    訪問日時 2011/05/12(木)12:08
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    武蔵野アブラ學会 早稲田店
    HP http://www.aburagaku.com/
    住所 東京都新宿区西早稲田1-18-12
    電話 03-3202-5099
    営業 11:00~26:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック