ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    10-11シーズン第7日@Mt.グランビュー
    P1020644.jpg
    3月6日(日)、石打花岡スキー場、なかさと清津スキー場(前編後編)に続いて訪問したのが塩沢石打エリアの「Mt.グランビュースキー場」です。

    P1020546.jpg
    運営会社(スポーツ振興株式会社)の倒産により数年前にそれまでの「スポーツ振興石打」から現在の名称に変わりましたが、いまだに旧名称の看板が見られます。

    P1020547.jpg
    日曜日とはいえ今どき駐車場が有料でした。それもそのはず、スキー場の専用駐車場ではなく、旅館が経営している駐車場なんですね。日曜日の午後から来る客なんてめずらしいのでしょう、料金を払おうと事務所の扉を開けたら店番のご家族は完全にリラックスモードで寝転がってテレビを見ており、向こうもこっちもびっくりする始末。

    P1020550.jpgP1020552.jpg
    雪に埋もれかけたこの案内図によれば、ゲレンデ内には多数の宿が存在する(した)ようです。言っては悪いですが、ゲレンデの規模や知名度を考えると違和感を感じずにはいられない多さです。

    P1020549.jpgP1020553.jpg
    同じく雪に埋もれかけたチケット売場はクローズ、案内に従い事務所を訪ねるも鍵開けっ放しで誰もおらず。さっきまで人がいたような気配はありますが、無用心というかなんというか(´▽`;)

    まぁ、このスキー場のやる気がないのはちっとも更新されないホームページブログを見て事前に把握していたことではあるのですが。

    そんな「ゆるい」を通り過ぎて「いい加減」な雰囲気に少々ゲンナリしながら、しょうがないので誰もいないと分かっている事務所内に向かって「すみませーん」と連呼していると、ゲレンデから戻ってきた人が「リフト券ならリフト乗り場で売ってますよ」と教えてくれました。

    P1020554.jpg
    というわけで右の小屋で、やる気の感じられないスタッフからリフト券を購入。制服などはないのか、皆私服姿です。確認するとシングルリフト3本のみ稼働しているとのこと。

    P1020555.jpg
    そのうちの1本がメインゲレンデまで運んでくれるこの「宮野下線リフト」。産業遺産かと思うような年季が入ったリフトですが、このスキー場のリフトはすべてこれと同等のシングルリフトです。

    P1020565.jpg
    1回券(280円)を5枚購入しました。

    P1020558.jpg
    メインゲレンデに設置された、というより放置されたと言った方が良さそうなゲレンデマップ、否、ゲレンデマツプw

    P1020560.jpg
    もうなんか子供が見たら泣き出しそうなウサギさんw 「1973 DAIWA」と書かれていますが、スポーツ振興石打の前身が大和スキー開発による「石打大和スキー場」だったことによるそうで。寂れた雰囲気プンプンです。

    P1020557.jpg
    【ブルー第2コース①】
    メインバーン。幅が広くて斜度もほどほど、本来は気持ち良く滑れるはずですが、圧雪が良くなくコースの至るところに段差があって怖いです。

    P1020567.jpg
    【ブルー第2コース②】
    第6リフト上から。このリフトの乗り場にはしばらく係員がおらず、乗車券を入れる箱もないので仕方なく何度かタダで乗らせていただきました。ありがたいというより、安全面でそれでいいのかと。

    P1020570.jpg
    第3リフト。ここにはおっさん係員が常駐していましたが、非常に無愛想。乗車券を手渡しながら挨拶しても無言。まったくしょうもないスキー場です。

    P1020572.jpg
    【コバルト第1コース】
    左手に見える第8リフトは運休、この上が山頂ですが同コースはクローズでした。

    P1020574.jpg
    八海山方面が一望できます。

    P1020578.jpg
    【コバルト第2コース①】
    圧雪部分。前述の通り粗い圧雪です。

    P1020590.jpg
    【コバルト第2コース②】
    非圧雪部分。ノートラック部分がたくさん残っていますが、湯沢エリアの標高が低い場所とあって雪質は望むべくもありません。

    P1020581.jpg
    休憩所。せめてトイレだけでも使えるのでしょうか。確認する気も起きませんでした。ゲレンデ内に多数あるはずの宿も大半は人の気配がなく、廃業しているように見えました。リゾート感は皆無、ゴースト感ありあり。

    P1020584.jpg
    こちらは現在でも営業しているようでした。

    P1020595.jpg
    【グリーンコース①】
    下山コースです。斜度が緩くコース幅も広くないため下山専用でしょう。

    P1020601.jpg
    【グリーンコース②】
    このコースにはカーブミラーが設置されており、自動車用道路の上にあることが分かります。

    P1020596.jpg
    【グリーンコース③】
    このコース沿いには倒壊した宿の廃墟が無数にありました。

    P1020598.jpg
    【グリーンコース④】
    中にはコース上に危害が及ぶのも時間の問題という建物もありました。コースの真上ですよ?あんな高さからあんなものが降り注いできたらどういうことになるでしょうか。客の安全を無視した今どき考えられないスキー場です。おすすめはできませんし、僕も二度と行くことはないでしょう。

    ※この日の積雪量:250cm
    ※この日の板:OGASAKA 06-07 FC 157
    関連記事

    テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。