ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    日本が試された結果がこんなとは…
    今は団結して前に向かうとき。

    それは間違いないと分かるんだけど、何が本当なのか分からないことばかりで不安になる。

    今分かっているのは、天災だけでなく、東電や政府が失態を重ねたことで深刻な人災を招き、もはや手遅れになりつつあること。彼らの利権やプライドのために、国民が生命の危機に晒されていること。世界の目が同情から非難に変わりつつあること、など。

    今知りたいのは、原発で何が起きているのか、上手くいけば被害はどの程度に収まるのか、最悪ならどのくらい拡大しそうなのか、今われわれに何ができるのか。

    もちろん、こういうときだからこそ誰だって必要以上に不安に駆られたくはない。

    しかし、政府、東電、マスコミが一体となって隠蔽工作や情報操作を行い、重要な情報を隠していることが見え隠れしているのに取ってつけたように「大丈夫」などと言われるから、みんな不安に陥り、買い占めのようなことが起こるんだと思う。

    国民の多くが薄々おかしいと気づいているのに、いまだにマスコミ、例えばテレビのニュース番組などは御用学者を起用したりして真実に切り込もうとはしない。これでは程度の差はあれど戦時中と共通するものがあるし、中国や北朝鮮の情報統制もまったくの他人事とは思えなくなってくる。

    さらには民放は深夜までバラエティ番組を垂れ流し。もちろん娯楽も必要だしそれが生活の糧である人もいる。でも、サッカー選手がサッカーを頑張るのと比べると違和感を感じるのはなぜだろう。

    すみません、少し話が脱線しました。

    もちろん真実を明らかにし過ぎることでパニックを引き起こすことは避けたい。しかし政府や東電は、批判をかわすために意図的に情報を小出しにしているようにしか思えない。格納容器が壊れているとか炉心溶融しているなんて、おそらく2週間前から分かっていたことだと思う。それなのにいまだに「~が起きた可能性が考えられる」などと他人事のような言い回し。

    こんな調子だから原発事故は「人災」だと言われているし、その通りだとも思う。だからと言って政府や東電を批判する気も起きない。だって、別の政権だったら?別の電力会社だったら?

    結果が違っただろうか?

    …そう考えたところで大して期待できない。

    多少の不安材料があっても、なんとかなるだろうと見切り発車して、取り返しのつかない最悪の事態にまで至らしめてしまうのは、伝統的に日本人によくあるパターンだと思うから。責任感ゆえだったり、名誉のためだったり、お金のためだったり、単に軽率だったり、理由はいろいろだろうけど。

    ただ、小泉さん(純一郎氏)が総理大臣だったらどう対応しただろうか、違う結果になっただろうか、それには興味がある。彼を全面的に支持するわけではないけど。

    結局、チェルノブイリや阪神淡路の教訓を生かせなくても不思議でないのが日本人クオリティだと思うし、同じ日本人としても仕方なく思ってしまう。

    しかしそれ以前に、原発という、必ずしも必要ではなかったこんな核兵器と紙一重みたいな愚かなものを、よくぞこれだけたくさん造ったものだと思うし、日本人としてこの事実をどう受け止めれば良いのか分からない。役人やらは私腹を肥やすためなら手段を選ばない、と思うしかないのだろうか。

    当初暴言としか思えなかった「天罰」という石原慎太郎の発言の真意も、ある意味では理解できる気がしてきた今日この頃。どういうものか分かっていながら先頭に立って原発を推進した人たちには、現地に行って被曝しながら除染作業をしろと言いたい。

    こんなときは何を思ったら良いのか分からなくなりますが、原発の収束を願い、被災者の皆さんのことを常に忘れずにいようと思います。
    関連記事

    テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:日記

    コメント
    この記事へのコメント
    どうあるべきか。
    あらゆるメディアから、原発でおきてることが日々報道され、あらゆる解釈で僕らに伝わってくる。
    最悪の事態を考えれば安全な場所は日本には少なく、

    安全である事実を信じれば、半径数十キロ圏の外に入るひとには、”直ちに体の害にはならない”

    用は情報のとらえ方で、安全とも危険ともそのどちらでもないともとれてしまうのが現状ですよね。

    なにを信用すべきかわからないですね。

    こういう時、自分にとって受け入れやすい事を信じて行動するのが人なのだろうけど。

    政府の対応に関しては、他国の技術支援を一旦断っているのはよくわかりませんね。
    安全よりも政治を優先したのでしょう。なるべくなら自国で対処したいから?技術流出がいやだから?

    想定外の事態(これは政府もよく言っている)なんだから、対策には全ての要素を考慮して行うべきでしょう。

    まぁ今は違うようですが(他国にも協力を要請してますよね)

    でもこれからの対応には少しばかりでもマシになるのではと期待してます。

    政府側もこの事態の収束を最優先にして事をはこばない限り悪化するだけだということに気づいてきてるだろうと思うからです。

    停電はまだしばらく続くし、その間不便な思いをする。
    少なくともこの夏、つぎの冬くらいまでは回復しないのかな?

    今は原発の危険にさらされて、且つ停電で電気を使えない不便さも体験してる状態(僕の地域はまだ停電ないのですが(^_^;)まぁ夏はきっと対象になるでしょう)なわけだから、
    原発の必要性について多くの人がこれまで以上に考えることになるでしょう。

    それがすぐに原発の無い安全な世の中につながるわけではないですけど、

    電力等のエネルギーをムダに使わないという考えが広がっていくなら良いかもと思います。

    最近原発の無いイタリアで生活している日本人の方のブログを読みました。

    向こうは電気代もかなり高くてしょっちゅう停電してるけど、慣れればそれほど苦にならないと書いてありました。


    それくらいのことですむなら原発廃止大賛成なんですがね・・・

    なんだかまとまりないコメになっちゃいましたが・・・そんな状態なんです僕の頭の中も(^_^;)

    まずは原発事故の収束を願うばかりです。
    2011/03/31(木) 01:24:34 | URL | なが~る #-[ 編集]
    >なが~るさん

    コメントありがとうございます。
    お付き合いいただけてうれしいです。

    考えれば考えるほど答えが出ませんよね。
    でも裏を返せば僕らが試されているときなのかも知れません。
    自らで判断し、いかにそれを信じられるか。

    できれば不安にならず楽観的に行きたいところですが、
    国がいつも国民の安全や健康を守ってくれるかといえば
    決してそうでないことは薬害エイズ問題などで実証済みですよね。

    >安全よりも政治を優先したのでしょう。

    政治主導で、かつ支援を受けずに乗り切れれば
    支持率も上がるだろうなどと考えたのでしょう。
    他国にすがれば「無能」のレッテルが貼られることも
    恐れたのかも知れません。それどころではないのに。
    東電は東電で自分達の金づるを守ることを考えたのでしょう。

    >想定外の事態(これは政府もよく言っている)なんだから、
    >対策には全ての要素を考慮して行うべきでしょう。

    まったくです。
    なぜ最悪のケースを想定して最善の手立てを打たないのか。
    危機感や緊張感、責任感がなさ過ぎます。

    >まぁ今は違うようですが

    時間の経過とともにこんな惨状になってしまって
    要請を受けた方も呆れていることでしょうけど、
    手遅れでないことを祈りたいですよね…

    >でもこれからの対応には
    >少しばかりでもマシになるのではと期待してます。

    第三者が入りましたもんね。

    >原発の必要性について多くの人が
    >これまで以上に考えることになるでしょう。

    日本は資源がない国だから原発に頼らざるを得ない、
    というのは多少なりとも当てはまると思いますが、
    今の節電下の電力の需給バランスを見ていると
    やはりこれほどたくさんの原発は
    必要なかったんだろうと思えてしまいます。

    より便利で快適な方に走るのは人類としても
    経済活動としてもごく当然なことかも知れませんが、
    やはり自然の力を甘く見ちゃいけませんよね。

    夜は夜らしく必要以上に明るくなくて良いと思うし、
    電車の本数を減らさなければならないのなら
    それに応じた生活スタイルなり制度なりを確立すれば良いことで、
    他国とは一律に比較できませんけど
    よその国ではいろいろ実施されているのですから
    日本だけが出来ないということもないと思います。
    もちろん原発以外のエネルギーだってありますもんね。

    >そんな状態なんです僕の頭の中も(^_^;)

    ほんと、今は何をどうしたら良いか分かりませんけど、
    日本人は喉元過ぎると熱さ忘れちゃいがちなので、
    みんなでこの危機感をずっと忘れないようにして、
    たとえ長い歳月がかかっても日本が自然と共存しながら
    安心して暮らせる国になるよう見守っていきたいですね。
    2011/03/31(木) 13:38:27 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。