ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    でびっと お茶の水店 (東京都千代田区神田駿河台)
    このお店は閉店しました

    debitto_out.jpg
    東京メトロ・千代田線の新御茶ノ水駅近く、駿河台に2010年9月1日オープンしたお店。都内を中心に店舗展開しているタレントのデビット伊東氏の店で、とくや、由丸駿河台店などの近所です。

    debitto_menu.jpg
    店内はカウンター5席+テーブル5卓12席、先客、後客共になし。メニューは画像以外にもセットメニューや、夜は飲み屋スタイルでも営業しているらしく一品料理も多数ありました。

    debitto_tonkotsushouyu_1.jpg
    豚骨醤油らーめん(700円)

    debitto_tonkotsushouyu_2.jpg
    スープは背脂とシャクシャクの刻み玉ねぎが浮き、ニンニクが効いたもの。表面はアツアツの油で覆われていますが、その油が邪魔をしてスープの旨味やコク、醤油味が感じられません…。

    うーん。

    僕の中では「豚骨醤油≒家系」という一定の先入観がありますが、これは家系のようにカエシが強いわけでも、博多豚骨のように豚骨が前面に出ているわけでもありません。もちろんそのどちらかにカテゴライズできなければいけない必要などありませんが、そのせいかどこかすっきりとしない印象だなぁ…。これが「豚骨らーめん」という先入観だったらまた印象が違ったかも?

    …などと考えていたら、後半になってようやく旨味が感じられるようになってきました。つまり前半は油ばかりをすくって飲んでいたのかも知れません。

    麺は博多系を思わせるパツッとした食感の細ストレート麺。伊東氏が一風堂で修業したことを感じられる部分ですね。具はもやし、キクラゲ、柔らかいがバサッとしたチャーシュー、焦がし玉ねぎ、ネギ。大盛代わりの替玉や味玉が150円と、コストパフォーマンスはあまり良くないように思います。

    後半は悪くないと感じただけに、なんだか店にとっても僕にとってももったいない気がした一杯でした。なお、2月から週末の営業時間が変更になっています。



    食べたもの 豚骨醤油らーめん(700円)
    訪問日時 2011/03/09(水)18:28
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    でびっと お茶の水店(2013年5月30日閉店)
    住所 東京都千代田区神田駿河台3-3-11 谷古宇ビル1F
    電話 03-3294-6262
    営業 (月~金)11:30~23:00
        (土・日・祝)11:30~18:00
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。