ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺や 元町 (横浜市中区石川町)
    このお店は休業しています

    motomachi_out.jpg
    JR石川町駅南口から元町方面に向かって50mほど、最初の十字路の左前方のビルの2階に2010年4月2日オープンしたお店。

    建物の内階段で2階に上がると、踊り場の右手に「SAMSARA」というBarの看板、左手に「麺や元町」の看板が出ていますが、左手には扉がないのでおそるおそる右手のBarの中の様子を伺うと、そこが麺や元町でした。もうご存知の方ばかりでしょうけど、昼はらーめん、夜はBarという「二毛作営業」のお店ですね。席数はやや変形のU字型をしたカウンターの14席、先客1名、後客10名。

    motomachi_menu.jpg
    メニュー。代金は先払いです。注文後に気が付いたので後のフェスティバルでしたが、柚子ジュレトッピングが無料とのこと。

    motomachi_ajitamashouyu_1.jpg
    味玉しょう油(800円)

    motomachi_ajitamashouyu_2.jpg
    まずはしょう油。いわゆる「神奈川淡麗系」っぽい見た目をしていますが、油がとても多いのが特徴的。これは比内地鶏の鶏油で、さすが天下の比内地鶏、こってりとしてパンチがありますが決してギトギトはしていません。しかし、この油の多さは好みが分かれるかも知れません。そして甘めの味付け。

    motomachi_ajitamashouyu_3.jpg
    全粒粉を使用した茶色がかった麺は、全粒粉特有のややボソッとした食感と「穀類だなぁ」って感じの香ばしさが感じられますが、押し出しが強いスープ(油)に比べるとどうしても落ち着いた印象で、もう少しはっきりしたキャラクターでも良いような気もします。これが日本蕎麦なら良さそうですが…。茹で加減はかためでも柔らかめでもなく普通。

    具は柔らかな鶏と豚のチャーシュー、たけのこ、ネギが乗ります。卓上調味料はなく、水菜のみが入れ放題になっています。

    motomachi_ajitamasio_1.jpg
    味玉塩(800円)

    motomachi_ajitamasio_2.jpg
    そして塩。昆布ダシとシベリア岩塩の組み合わせというスープは、思いのほかまろやかテイスト。醤油同様、鶏油でこってりしつつ甘味もあり、ちょっと中華の塩スープっぽい感じもあり。バランス的になかなか難しい気がします。個人的には醤油の方が好みでした。

    全体的に丁寧に作られているので一定の満足感は得られたものの、最後までスープ(油)と麺の組み合わせについては「これがベスト?」というモヤモヤ感が解消せず。

    そしてこんなこと言っちゃ身もフタもないですけど、やっぱり比内地鶏のスープには「うどん」とか「きりたんぽ」の方が合うよね、と。ま、一般的には評価の高いお店というのを踏まえてのことなので悪しからずです(´・ω・`)



    食べたもの 味玉しょう油(800円)/味玉塩(800円)
    訪問日時 2011/03/05(土)12:54
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    麺や 元町(2011年9月末をもって休業)
    住所 神奈川県横浜市中区石川町2-73-2 タークオイスビル2F
    電話 045-227-6869
    営業 11:00~16:30(スープなくなり次第終了)
    定休 火
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    先日、横浜石川町にまだ行ったことのないラーメン店を発見し、評判もよさそうだったので行ってみることにしました。 お店の名前は「麺や 元町」。 JR根岸線の石川町駅南口を出て1 ...
    2011/10/12(水) 22:25:14 | 横浜ブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。