ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん 紬麦 (東京都千代田区神田平河町)
    tsumugi_out_1.jpg
    秋葉原に先頃オープンした「麺処 MAZERU」は「第2東ビル」という建物の1Fにありましたが、昭和通りを挟んだ向こう側にある「第三東ビル」の地下に2010年12月15日にオープンしたのがこちら。「紬麦」と書いて「つむぎ」と読みます。

    tsumugi_out_2.jpg
    ビルの正面扉を開けて狭い階段を降りると少々ノスタルジックな雰囲気の飲食店街になっており、その一角にあります。

    tsumugi_menu_1.jpgtsumugi_menu_2.jpg
    券売機。メニューは750円スタートです。自家製の麺には国産小麦「さぬきの夢」100%使用、スープも天然素材のみを使用したいわゆる無化調とのこと。

    P1020236.jpg
    店内はカウンター10席+2人がけテーブル2卓+お一人様専用テーブル1卓の計15席、先客2名、後客1名。お店の男性と女性はご夫婦でしょうか、ここが秋葉原であることを忘れさせるような柔らかな空気感が漂っています。

    tsumugi_sio_1.jpg
    塩ラーメン(750円)

    めずらしく券売機左上の「ラーメン」ではなく「塩ラーメン」にした理由は自分でも分かりませんA;´・ω・)アセアセ

    tsumugi_sio_2.jpg
    塩としては色濃い目のスープは鶏が強め。そこに魚介などが効いて和風な仕上げ。ちょっと塩気が強く感じます。油多め、味濃い目で、裏を返せば無化調ならではの物足りなさ、弱々しさはありません。

    tsumugi_sio_3.jpg
    前述の通り「さぬきの夢」100%使用という注目の麺は、香りといい食感といい、ツルツルシコシコのあの讃岐うどんにかなり近い印象。食べ比べればきっとだいぶ違うのでしょうけどね。麺の存在感が強めなだけに、それに合わせてスープも意識的に濃い目にしていると考えると辻褄が合いそうです。この麺でつけ麺食べたら美味しいんだろうなぁ。

    tsumugi_sio_4.jpg
    煮豚のチャーシューは食べ応えはありますが少々味気なし。ほうれん草、メンマ、白ねぎ。

    材料費はかかっていそうな気もしますが、ボリュームに物足りなさを感じたこともあって、個人的にはやや値が張る印象を受けてしまいました。あくまで絶対評価でなく相対評価での話なのですが。

    秋葉原にはこれまでなかった「大人のらーめん」という点では歓迎なのですが、その秋葉原の人々がこの内容と値段にお値打ち感を感じてくれるかどうか。ただでさえそこにあると知らなければ認知されないような立地だけに、埋没してしまわなければ良いのですが…。



    食べたもの 塩ラーメン(750円)
    訪問日時 2010/02/24(木)18:06
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    らーめん 紬麦(つむぎ)
    住所 東京都千代田区神田平河町1 第三東ビルB1F
    電話 
    営業 11:30~14:15/17:30~20:00
    定休 日、祝、第2・4土曜
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。