ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    中華そば 高はし (東京都千代田区飯田橋)
    takahashi_out_2.jpg
    JR飯田橋駅東口から歩いて1分程度のお店。店主はこうや@四谷の出身、ほぼ3年ぶりの訪問です。

    昔ながらの雰囲気の店内はカウンター9席、先客3名、後客3名。席間がびっくりするくらい狭いので、お店の人には申し訳ないですが、なるべく後からお客さんが来ないように祈りながら待ちます。カウンター下の荷物置きやフックなどはないため、手荷物は預ってくれます。

    takahashi_wantanmen.jpg
    雲呑麺(950円)

    このように書いて「わんたんめん」と読みます。元々写真を撮りづらい雰囲気の店なのに、提供時には店主とホールの女性と僕だけになってしまったので、写真はめずらしく1枚だけ。

    並々注がれた琥珀色のスープは表面を油膜が覆い超アツアツ。火傷に要注意です。塩角はしっかり感じるものの味付けは薄めで、塩とも醤油とも取れる味わい。さっぱりしつつもコクがあり、飽きが来ません。シンプルなようで力強さも感じさせる、ちょっと「ツンデレ」的な魅力を感じるスープです(なんだそれw)。前述の通りアツアツなので外がどんなに寒くても汗だくになれます。

    麺は素直な食感の細ちぢれ麺。おとなしい印象を受けますが、このスープにはマッチしていると思います。柔らかめの仕上げですが、加水やや多めでしなやかさも感じられます。

    具に目を移すと、コリコリのメンマはたっぷり、大きめのワンタン5個、薄いけど大判の焼豚、大量の青ネギ。すべての量が多くボリュームたっぷり。ダイナミックというか力強さを感じるというか。

    たくさんのお店を知った今でも、ワンタンメンといえばいまだにこうややここの名前が真っ先に浮かびますし、それだけ印象深い「雲呑麺」です。個人的には「こうや系=雲呑麺」と刷り込まれているので条件反射的に雲呑麺をオーダーしてしまうのですが、「チャーシュー麺」や「高菜麺」も人気です。



    食べたもの 雲呑麺(950円)
    訪問日時 2011/02/02(水)18:06
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    中華そば 高はし
    住所 東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル1F
    電話 03-3239-5274
    営業 (月~金)11:30~14:00/17:00~売切まで(21時頃)
        (土)11:30~売切まで(18時頃)
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2008/01/12 雲呑麺
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    高はし
    路地裏様 お疲れ様です。
    久しぶりに覗いて見たら「高はし」ですよ。素晴らしいタイミング。またLxにも遊びに来てください。ぜひ。
    高はしのつけ麺が好きです。ああ今夜行こうかなぁ、ああ今日は外出直帰だったからダメか・・・つけ麺の具を炒めるため鍋を交換するのが物凄く手間に見えて中々頼めない小心者です・・・とくに中華そば→つけ麺→中華そばなどという順番になってしまったときは特に罪悪感を感じます・・・なので前の方の注文が中華そばだと自分も中華そばにしてしまう・・・的な(笑)
    2011/04/07(木) 12:47:20 | URL | Lx16 #-[ 編集]
    Lx16さん

    お久しぶりです。
    呼んでるのが聞こえましたか?
    高はしといえばLx16さんです(笑)。

    高はしのつけ麺って、こうやで言うところの
    「涼麺」(=夏季限定)とは違うものなんですかね?
    涼麺は冷し中華のスープと麺を別にした感じでしたが、
    たぶん別物なんでしょうね。

    >特に罪悪感を感じます
    笑いました。
    そこまで深く考えたことがなかったので新鮮です(笑)。
    でも確かにあの厨房では…
    つけ麺、僕も食べてみたいですがハードル高そうですねw

    野球の方は腰と膝がおかしくなってしまったので
    もうまともに動けません…(泣
    2011/04/07(木) 15:44:04 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック