ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺武 虎龍 水道橋店 (東京都千代田区西神田)
    このお店は閉店しました

    kotatsu_out.jpg
    JR水道橋駅東口から白山通りを神保町方面へ200mほど進んだ左手にあるお店。それまでは虎龍@新宿の姉妹店として「麺武 鷹雅」の名で営業していましたが、2010年7月1日に「麺武 虎龍 水道橋店」としてリニューアルオープンしました。

    一度だけ訪問した鷹雅はなかなか良かったのですが、やはり本店のネームバリューを借りようという運びになったのでしょうか。ちなみに「虎龍」と書いてコタツと読みます。この時期は重宝しますが、うたた寝にはご用心。風邪ひいちゃいますからね。



    (ノ∀`)



    ときに、最近のラー記事がやや文句ブーブー続きで、いつも楽しみに読んでくださっている皆さまに対して心苦しく思うのですが、残念ながら今日もそうなってしまいそうです。自分でもブーたれるのは気持ち良いものではありませんが、一方でどんなお店も無差別に持ち上げるような甲斐性も持ち合わせていないもので、申し訳ありません(´・ω・`)

    kotatsu_menu.jpg
    ということで味噌メインのこちら、店内はカウンター11席+テーブル1卓2席、先客3名、後客1名、食券制。床は油でヌルリヌルリ。一人だけいる男性店員は「いらっしゃいませ」とも言わず、無言で食券を受け取るなど無愛想で客商売的にかなり負のオーラ。

    そして1つだけあるテーブル席を見ると、学生風の格好をした茶髪がテーブルにもたれかかるようなだらしない格好でうつ伏せに寝そべって熟睡中。食べ終わった丼もなかったので客だかアルバイトだかも分かりませんが、どちらにしろ気味悪いし不愉快です。つまみ出してください。

    そんなことに気を取られていたため調理工程を見逃してしまったのですが、先の店員はほとんど皿洗いをしていた気がします。それなのに注文したものがわずか4~5分程度で提供されたため、激しく嫌な予感。

    kotatsu_miso_1.jpg
    味噌(850円)

    kotatsu_miso_2.jpg
    鷹雅はスープと具をあわせて中華鍋で炒める方式でしたが、こちらはさにあらず。スープは油臭く、カップヌードルカレー味のそれに似た香料っぽい匂いがするのですが、いったい何でしょうか。生姜はその匂い消しということでもないでしょうけど…。

    kotatsu_miso_3.jpg
    麺は札幌らしさを感じさせる小林製麺の黄色い中細ちぢれ麺。チャーシューはスペアリブっぽい油っこい肉。ボリュームは少なくこれで850円ですか。適正価格は600~650円くらいに感じますが。

    そんなこんなですっかり疑いの目で後客分の調理方法を注視していたのですが、作業らしい作業は麺を茹でているだけにしか見えず、結局どのタイミングでスープを注ぎ、盛り付けしているのか分かりませんでした。手際が良いのか、別の理由があるのか。

    ま、それはそれで構わないのですが、それを出し終えると店員は僕から丸見えのところでまかない食べ、食べ終えると煙草を吸い始めました。うーむ、絵に描いたような最悪さ加減。

    かくして僕にとっては何もかもがあるまじき店であり、誰にということなしに

    「行ってはいけない」と投げかけたい店はこれが初めてです。旨いまずい以前の問題。



    食べたもの 味噌(850円)
    訪問日時 2010/12/07(火)18:04
    満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    麺武 虎龍 水道橋店(2011年3月閉店)
    HP http://samurai-noodle.jp/index.php
    住所 東京都千代田区西神田1-3-7
    電話 03-3518-2022
    営業 11:00~23:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック