ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    つけ麺専門店 石鍋太郎 飯田橋店 (千代田区飯田橋)
    このお店は閉店しました

    ishinabetaro_out.jpg
    飯田橋と九段下の中間付近、4月頃に閉店したしる幸の後に9月14日オープンしたお店。本店が平井(江戸川区)にあるらしいです。看板には「produced by KANESEN COMPANY」と書かれていました。

    夜の部は18:00からでしたが、時間になってもオープンせず。5分ほど経過しても「CLOSED」のままでしたが、僕もあまり時間がなかったので「もう大丈夫ですか?」と訊いてみたところOKとのこと。店内はコの字型のカウンター9席、先客なし、後客1名、食券制。店内は改装されていてレイアウトも変更、すっかり小ぎれいになっていました。先代の店は相当汚かったからなぁw

    つけ麺専門とのことですが、メニューは主に、つけ麺(750円)、ゴマつけ麺(800円)、飯田橋薬念(ヤンニョム)つけ麺(850円)の3本立て。薬念は半島系の真っ赤で辛いやつですね。携帯サイトの超らーめんナビにクーポンがありましたので、そちらで味玉を追加してもらいました。

    ishinabetaro_tsuke_7.jpg
    「当店のスープは旨さとコクにこだわり、12時間煮込んだ後、骨を粉砕し、髄液を抽出、そのスープを丁寧に濾しておりますが、小骨が残ってしまう場合がございます」とのこと。

    ishinabetaro_tsuke_1.jpg
    つけ麺(750円)+味玉(クーポン使用)

    ishinabetaro_tsuke_2.jpg
    「石鍋太郎」ってくらいでつけ汁がアツアツの石鍋で登場。これは少し落ち着いてから撮影していますが、登場したてはグツグツに煮立って湯気モーモーです…!

    そんなつけ汁は最初に辛味が、そして温度が下がると徐々に甘さが顔をのぞかせてくるのが面白いですね。ベースになっているのが骨の髄まで抽出したという濃厚なスープ。よく麺に絡むし、コクありまくりで旨いです。

    ishinabetaro_tsuke_3.jpg
    麺はかため、薄茶色して小麦の風味がしっかり強めのもの。並盛で250g、濃厚なつけ汁にも負けていない個人的に好きなタイプです。そしてつけ汁が濃厚なだけに具のもやしのチョイスも良いですね。水切りも適度、いい箸休めになります。メンマはコリッコリ。

    ishinabetaro_tsuke_5.jpg
    角切りのチャーシュー。

    ishinabetaro_tsuke_6.jpg
    クーポンで追加した味玉は小ぶりながら弾力が強いもの。

    ishinabetaro_tsuke_4.jpg
    魚粉がこうして別皿なのが気が利いていると思います。入れずに大半を食べ、最後に入れてみたけどやっぱこれか」って味になってしまいまそた。甘さが助長されるんですね。せっかくのスープだし、そのままでも十分旨いので魚粉なしをおすすめします。

    トータルでは十分旨いですが、この手の濃厚つけ麺が現在ほど幅を利かせる前だったらもっと面白かったかも知れません。今ではIHでつけ汁を加温するお店もあるそうですもんね。とは言え、つけ汁が冷めにくいのと魚粉が別皿なのはそこらのお店と比べてもアドバンテージだと思います。場所が分かりにくいですが頑張って欲しいお店ですね。



    食べたもの つけ麺(750円)+味玉(クーポン使用)
    訪問日時 2010/11/25(木)18:05
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    つけ麺 石鍋太郎 飯田橋店(2011年3月?閉店)
    住所 東京都千代田区飯田橋1-8-7
    電話 03-6272-6654
    営業 11:00~14:30/18:00~21:30
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック