ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    西新橋 麺屋 大斗(東京都港区西新橋)
    このお店は閉店しました

    daito_nishishinbashi_out.jpg
    内幸町に2008年9月27日オープンしたこちら。大斗といえば個人的に神田店に毎週のごとく出没していた時期もありましたが、現在その神田店は同系列の濃厚タンメン塩力に看板を架け替えて営業しております。

    都心部に数店舗を展開するそんな大斗ですが、以前の神田店にはでかでかと

    「特製もりそば 大勝軒」

    と書かれた提灯や暖簾が店先にぶら下がっていましたが、実際には東池袋大勝軒で短期間修業をした七福神@池袋の系列店なんだか、大斗の修業先が七福神なんだかという話らしいです。

    そのためなのかなんなのか、ホームページに至っては「大勝軒」の文字すらなく、代わりに「つけめん発祥店(の味を継承云々)」と形容されているものだから不穏な空気を感じずにはいられませんw

    店内はカウンター8席+テーブル2卓6席、先客7名、後客9名、食券制。カウンターの中にはかつて神田店で見たことのある面々が。

    daito_nishishinbashi_tokumori_1.jpg
    特製もり野菜(中盛)(980円)

    daito_nishishinbashi_tokumori_2.jpg
    東池袋大勝軒系としては濃厚で厚みのあるつけ汁。甘味、魚粉が効き、油も多めでしっかりした味わいです。本家の良さを生かしつつ現代風にアレンジした感じで旨いですね。野菜はシャキシャキ。器いっぱいに入っているのである程度先にやっつけてしまわないと麺が投入できません。器の外側がベトベトなのはちょっと。

    daito_nishishinbashi_tokumori_3.jpg
    麺はもちもちして食べごたえのある太麺で、東池袋系のようなぶよぶよした食感ではありません。中盛(400g)まで同額なので中盛で。底にはゆで汁が溜まっていますが、あつもりだと麺が渇いてくるのでこれに絡めるとほぐれてちょうど良い感じ。本来はこのゆで汁が割りスープの役目を果たすらしいですが。

    うんうん、つけ汁も麺も東池袋大勝軒系を上回っていると思います。

    daito_nishishinbashi_tokumori_4.jpg
    別皿で提供のチャーシュー、メンマ、味玉。思ったより遥かにボリュウミィ。


    ふぅ~~~、超具だくさんで苦しいですゎ…(´Д`;) 少し前までこのくらいの量ならペロッと食べられたのが信じられないほど苦戦しました。


    daito_nishishinbashi_menu.jpg
    メニュー。季節ごとに限定などもリリースしているみたいです。

    考えてみればワタクシ、オーダーするものを間違えました。大勝軒系のお店では一般的にデフォルトのもりそば(一番安いのね)が「特製もりそば」ですよね。だから僕は「普通のもりそば+野菜トッピング」のつもりで「特製もり野菜」の食券を買ったら、チャーシューは多いわ、メンマは多いわ、味玉はついてくるわ、野菜がギッチリ入ってくるわで、若干打ちひしがれました。

    帰りに大斗のデフォは「もりそば」だったと知っても後のフェスティバル。でももう二度と間違えないでしょうけどw



    食べたもの 特製もり野菜(中盛)(980円)
    訪問日時 2010/11/17(水)12:42
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    西新橋 麺屋 大斗(2014年12月27日閉店)
    HP http://www.daitostyle.com/
    住所 東京都港区西新橋1-15-7 曽根ビル1階
    電話 03-3581-3582
    営業 11:00~23:00
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック