ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    りゅうほう 龍朋 (東京都新宿区矢来町)
    ryuuhou_out.jpg
    東京メトロ東西線・神楽坂駅の2番出口(矢来口)から歩いて1分程度の路地裏にあるお店。「The Lahmen」の文字が「Ralph Lauren」をほうふつとさせます。…させませんねw

    ラーメン店というよりは中華料理店だと思いますが、ちょっと面白いラーメンを出していると知って訪問しました。ちなみに店名の表記は「りゅうほう」だったり「龍朋」だったりまちまちざんす。

    店内は木基調で、中華料理店というよりレトロな喫茶店のような雰囲気。座席はすべてテーブル席で4人テーブル×8卓と2人テーブル2卓の36席、先客4名、後客5名。メニューは中華料理が各種あります。


    注文したのは「東京ラーメン」です。


    待つことしばし。


    ryuuhou_tokyo_1.jpg
    東京ラーメン(800円)


    こりゃびっくり(´▽`*)


    その名のイメージとは全然違う顔をしたラーメンが登場です!


    ryuuhou_tokyo_2.jpg
    この白濁したスープはなんだなんだ?駄舌ですのでまったくアテになりませんが、鶏白湯豚骨煮干し野菜…、みたいな感じ?強いて言えばちゃんぽんに似た塩豚骨系のスープですけど、もっとライトで、でもコクはあってさまざまな旨味が絶妙にバランスされた初めて食べる味です。意表を突かれましたが旨い旨い。

    ryuuhou_tokyo_3.jpg
    麺は至って普通でござるの巻。

    具も相当個性的で、鶏チャーシューの旨いこと!レタスも箸休めにぴったりだし、クコの実も味覚にも視覚にも良いアクセントになっています。

    今まで食べたことない個性的ラーメン、なのに違和感なくまとまっているためか初対面とは思えませんでした。しかも美味しい。

    おばちゃんの店員さん達は明るくハキハキした声で、手が空けばお茶(ジャスミン茶)のおかわりなども注ぎに来てくれて接客も良好。これはかなりの良店じゃない?惜しむらくは喫煙可なところですが、このときは誰も吸ってなかったのでラッキー。

    こういうラーメンフリークの間では話題に上らないようなお店でも旨いお店はあるんだなぁ、とつくづく思いました。他のメニューも食べてみなきゃ!

    なお、このスープの謎が知りたくてググっていたら、ラーメン&つけ麺食べ歩き様のサイトにたどり着きました。こちらによると「豚のゲンコツや背ガラを練炭で長時間煮込み、鶏脂や宗田節、煮干なども使ったと言う白湯スープ」とのこと。「鶏白湯豚骨煮干し」は当たらずも遠からず…?いずれにせよ謎が解けてすっきりしますた(´▽`*)



    食べたもの 東京ラーメン(800円)
    訪問日時 2010/09/30(木)17:55
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    りゅうほう 龍朋
    住所 東京都新宿区矢来町123
    電話 03-3267-6917
    営業 11:00~23:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。