ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    巨人4連覇ならず 反省会会場はこちら
    昨日の敗戦でジャイアンツの今シーズンのリーグ優勝がなくなりました。

    090905002.jpg
    キムタクに誓ったのにね…。

    ただ、西武が食らったみたいな事態だったら発狂しかねませんが、去年まで3連覇だったわけで、ま、いいんですけど。そんなわけで冷静に敗因を分析してみたり。

    最大の敗因は外国人投手陣のていたらくでしょうか。

    ●グライシンガー
    13勝6敗 防3.47 → 0勝2敗 防5.48

    ●クルーン
    1勝3敗27S 防1.26(被本1) → 4勝2敗24S 防3.88(被本5)

    ●ゴンザレス
    15勝2敗 防2.11 → 5勝13敗 防5.37

    ●オビスポ
    6勝1敗 防2.45 → 2勝3敗 防5.21



    説明するまでもなく、左が昨年、右が今年の成績。昨年は35勝12敗だったのが、今年は11勝20敗。まぁ、去年が出来すぎだったのは間違いないのですが、24勝も減ったうえに、貯金23だったのが借金9では厳しいですね。

    まぁ、外国人選手は活躍した翌年に慢心するのは半ばお約束なので、彼ら自身だけでなく首脳陣にも責任ありでしょう。

    そしてそれと双璧か、監督の起用法のおかげでそれ以上に槍玉に挙げたくなるのが亀井の打撃不振

    ●亀井
    .290(490-142) 25本 71打点 → .185(205-38) 5本 17打点



    もっとも彼の場合はこれまでのキャリアの中で昨年が突出して良かっただけなので、不振というよりはこれが本来の実力なのかも知れませんが…。

    問題はゴンザレスといい亀井といい、彼らを使い続けたこと、もしくは使わざるを得なかったこと。ダメならダメで引っ込めればまだ良かったのですが、使い続けて傷口を拡げたとしか思えません。特に亀井の場合は5番という打順にこだわって起用し続けたのが愚か過ぎてもうね…。

    コンディションの良い選手を臨機応変に起用するのが原監督の長所だと思っていたのですが、長野や高橋、谷、鈴木、矢野あたりを引っ込めて亀井を使い続けたのはなんだったんでしょうね。辛抱強いのにも程があります。責任を感じてもらいたいものです。

    さらに痛かったのが松本の長期離脱と復帰後の低調ぶり

    ●松本
    3-4月 .423(97-41) 12盗塁 → 7-9月 .234(214-50) 5盗塁



    開幕直後が好調過ぎたとはいえ、故障前後では打率が半分近くにまで落ち込み、盗塁も激減してしまいました。故障箇所がまだ完治していないのか、ドクターストップでも出ているのかも知れませんが心配です。守備でもトレードマークのダイビングキャッチが見られなくなりましたしね。

    現実的には外国人投手陣や亀井よりも、こちらの方が痛かったかも知れません。

    個人レベルではこんなところですが、チーム全体として見ても昨年は2.94だったチーム防御率が3.95に悪化。尾花が横浜に引き抜かれ、投手コーチが斎藤雅樹に代わった途端この有様。

    現役時代は大エースでもコーチとしては残念ながら無能なのかも知れません。あるいは年齢的にも立場的にも監督に遠慮してしまって、尾花のように投手陣を取り仕切れなかったこともあるかも知れません。

    とにかく斎藤には責任をとって辞めてもらって、もっと実績がある投手コーチを招聘したいところですが、監督を中心とした仲良しクラブの一員だから無理かなぁ。というか尾花も監督としては問題ありっぽいので、返品してもらった方がお互いのためのような気もしますが。

    そんな状況でも(夏場以降は失速したとはいえ)東野が一人立ちしたこと、久保・マイケル・朝井・高木の頑張りは明るい材料でしたけどね。

    一方の野手陣では長野に使える目途が立ったことと、せいぜい脇谷のレギュラー奪取くらいが目新しいところで、小笠原・ラミレスの年齢を考えると来年以降は厳しいだろうなぁ。特にラミレスなんかはもはや金本ばりに守備に就かせちゃまずいレベルだし…。近いうちに投手陣より深刻な事態になる可能性もありますね。

    まぁ、なんだかんだ言って最大の敗因は監督にありですかね。監督の「切り替えて行く」「○○という部分で××だったということです」という、試合後に判を押したような繰り返されるステレオタイプのコメントにもイライラしたし、試合中にやたらベンチを飛び出してマウンドに激励に行くのもすごく嫌でした。だって行かない方が良さげなタイミングで出て行って、その後よく打たれましたからね。

    そういうことで敗因を総括するとこんなところだと思いますが、連覇を続けると果てはV9の後のような惨状になるのがオチなので、来シーズンは順位にこだわらず、小笠原・ラミレスの後継の育成に心血を注いで欲しいもんです。

    (今シーズンの成績はすべて本日現在)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    同じく
    阪神優勝ならず。。。

    あんなに独走しとったのに。

    いったい、いつ優勝するんやっ!?(`皿´)



    では、クライマックスでお会いしましょうw
    2010/10/02(土) 11:31:56 | URL | リ ス #-[ 編集]
    >リ スさん

    >いったい、いつ優勝するんやっ!?(`皿´)
    あはは、まったくw

    しかし中日やったら阪神のがまだ良かったのに、
    巨人にしろ阪神にしろ監督がアレやからねw

    しかし藤川が打たれたのは衝撃的でした…

    これでクライマックスも中日だったら興ざめやね(´Д`;)
    2010/10/03(日) 12:54:05 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。