ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ドイツの人気者「アンペルマン」は青か赤か
    皆さんは「アンペルマン」を知ってますか?


    「さぁ、僕を食べて!」


    惜しい。


    それはアンパンマン。(やなせたかし翁(C))




    P9279448.jpg
    ジャジャーン。

    今日ご紹介するのは「アンペルマン」です。アンペルマンショップin白金高輪によると、

    アンペルマンは旧東ドイツ時代に子供たちの交通事故を減らす目的で開発されたデザインの信号機です。
    ドイツが東西統一となり一時はベルリンからも姿を消すこととなりましたが、ドイツ国内で「アンペルマンをなくさないで!」という市民運動が起こり復活した、復活と交通安全のシンボルです。



    とのこと。現在は旧東側のベルリンやドレスデンの歩行者信号でこのアンペルマンが見られるのだそう。ちなみに「アンペル」とは「信号」のことだそうです。


    そんなアンペルマン、ひょっとして日本でも流行るんじゃないのー?と思ってネットでいろいろ検索してみたら、3~4年あたり前から「ドイツでは国民的人気!日本でも流行るか?」と囁かれていたようです。


    そうだったんですか、知りませんでした。


    が、いまだに囁かれたままですねw


    日本国内のアンペルマン商戦に青信号が灯る日は来るのでしょうか…?


    まぁ、ブレイクしない理由もなんとなく分かるかなぁ。どちらかというと保守的で昭和な僕(←事実昭和生まれなのだけど)などは親近感が感じられて好きなセンスなんですけど、昨今の日本人はもっと洗練されてお洒落だったり、もっとユニークだったり、逆にクールだったりするものを好むようになっているんじゃないかなー、と。

    …僕などはその歴史的背景とかも含めて愛すべきキャラクターだと思うんですけどね。

    当面、手元にあるエコバッグは「進めな気分の日」「止まれな気分の日」で使い分ける予定ですので、「止まれ」を持っている僕を見かけたら少し元気づけてあげると喜ぶかも知れませんw
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック