ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    流鏑馬(やぶさめ)見物に出かけました♪
    DSC00842.jpg
    流鏑馬(やぶさめ)を見てきたよ。

    ということで、偶然にも平日休みだった9月16日(木)、鎌倉の鶴岡八幡宮の例大祭で流鏑馬が行われるというので見に行って来ました…!

    楽しかったですよ、見に行って良かったぁ(´▽`*)♪

    鎌倉生まれの鎌倉育ちのくせに、初めての流鏑馬見物でした。休日だとめちゃくちゃ混んでいそうなので、一度は見てみなければと思いつつ敬遠していたんですよね。でも平日にも行われていたなんて知りませんでしたよ。

    会場、つまり馬場は鶴岡八幡宮の東西に延びる参道(?)です。

    鎌倉では4月と9月に行われる流鏑馬ですが、9月の例大祭は「小笠原流」なんだとか。小笠原家関係者は特別席に招かれていました。今でも由緒正しい家柄なのでしょうね。

    その観覧スペースは招待客用の特別席と一般席(と報道席)に分けられていますが、一般席はもちろん立見です。立見なのは一向に構わないというか当然なのですが、広くない馬場なので観覧スペースも限られています。人気が
    あるであろうイベントであることを考えると、かなり狭いと言えると思います。こればかりは物理的に仕方ないですけどね。

    僕は開始50分前の到着ながら、幸い2番目の的の近くの最前列に近いポジションをキープできましたが、平日でしかも空模様がぐずつき気味だったから良かったようなもので、これが休日なら、相当早めに行かないとまともに見物することさえ叶わないんじゃないかなぁ。

    さて、午後1時開始の「流鏑馬神事」でありましたが、あくまで「神事」なので本番までにさまざまな儀式が行われます。その様子を伝えるアナウンスこそ場内に流れますが、馬場前に陣取っているほとんどの見物客はそれを見ることができないと思います。しばし主役不在の馬場を見つめながらの退屈な時間帯が。

    そしてようやくお馬さんが馬場に姿を見せたのは13:40頃でした。
    DSC00742.jpg
    馬、ウマー

    …ではなく、美しく立派で、実に神事にふさわしいです。それにやさしそうで賢そうで、見ているだけで幸せな気分になれるなぁ。馬好きの気持ちが分かる気がするし、その姿はまさに「優駿」だなぁ(´▽`*)

    DSC00744.jpg
    「壱乃射手」の方。鎌倉時代にタイムスリップですねぇ。

    DSC00746.jpg
    「弐乃射手」の方。

    DSC00749.jpg
    「参乃射手」の方。ここまでが鎌倉時代の装束で「正装」なのだそう。そして、この方々(馬々?)による最初の三騎(3出走)のみを「流鏑馬」と言うのが正しいそうです。

    DSC00758.jpg
    次いでここからは江戸時代の装束による「軽装」だそうで、これらが走るのは「流鏑馬」ではなく「騎射鋏物」と呼ばれます。でも馬に乗りながら弓矢で3枚の的を射るのは流鏑馬と同じなので、ほとんどの見物客にとっては同じことでしょう。被り物がカウボーイ的なのが興味深いです。

    DSC00761.jpg
    こうしてお馬さんが登場してもすぐに本番が始まるわけではなく、競馬のパドックの周回のごとく、カッポカッポと歩いての馬場の下見などが行われます。しかし見事なお尻。

    DSC00802.jpg
    そして本番が始まったのは14時過ぎでした。「本番」も何も、ここまでのすべてが「流鏑馬神事」なのは前述の通りですが(´・ω・`)

    僕は初めてなので馬場のどっちからどっちに向かって馬が走って行くのかも定かでありませんでしたが、東の「馬場元」から、西方向の「馬場末」に向かって走って行きます。考えてみれば、当然のような気もしますが。

    そして僕のポジションは最前列っぽいものの、残念ながら走り去る馬のお尻しか見えないポジションです…。まぁ、僕より後から来た人よりは遥かにマシです。

    さぁ、「走り込みました!」という場内アナウンスの後、パカッパカッという軽快な足音と共に、射手の方が「イヨォーィ」というような独特の甲高いかけ声を上げながら迫ってきました。

    よーし、パパ頑張って
    連写モードで撮っちゃうぞ


    ↑それはカメラが頑張っt



    パシャパシャパシャパシャパシャ☆



    DSC00777-2.jpg
    ブレブレです_| ̄|○ il||li


    馬って速いです。携帯のカメラで撮っている人も少なくありませんでしたが、絶対にムリだって。本人も分かってるんだろうけど、フレームに収めることすら至難の業のはずです。ちなみにお馬さんがびっくりしちゃうかも知れないのでフラッシュを使用しての撮影は禁止、三脚もダメです。

    いやー、連写モードだとISO感度もそれほど上げられないですし、連写モードじゃないとフレームに収めるのも難しい。カメラの設定に疎いパパ…ではなく僕には不得手な分野なのですが、頑張って撮ってみたのがこちら↓↓↓

    DSC00819.jpg
    連写その1

    DSC00820.jpg
    連写その2

    DSC00821.jpg
    連写その3

    状況を考えると個人的には結構満足なのですが…、流鏑馬の本当の魅力はぜひ下記のサイトでご確認くださいませw

    鶴岡八幡宮・例大祭流鏑馬神事2010.09.16/北道倶楽部サマ

    写真は比べ物にならないくらい素晴らしいですし、解説も的確で分かりやすいです。記事を書くのにちょっと参考にさせてもらいますた(´▽`;) なお、この方は2時間前に到着されていたそうですね。

    ちなみに3枚並んだ的のうち、僕の目の前にあった2番目の的(弐の的)は一番難しいようで、1番目、3番目の的と比べるとはるかに的中率が低かったです。的中すると「パーン!」と乾いた心地良い音がして、こっちまでうれしくなります。

    DSC00843.jpg
    結局15時までの約1時間で「流鏑馬」が3騎、「騎射鋏物」が6騎・7騎・3騎、合計19本の騎射が行われました。見た目はもちろん華がありますし、歴史や伝統の重み、人馬一体の躍動感、馬の目前を駆け抜ける音、的中に寄せる期待感、的中したときの的が割れる音と迫力、そんな魅力に溢れていて大満足でした

    機会があれば、もう少し高度な写真の撮影も兼ねてまた見に行きたいなぁ。近場では11月に逗子で行われるそうですね。

    P9169364.jpg
    そして流鏑馬が終わったタイミングで、それまで持ち堪えていた空から本降りの雨が降り始めました。これには「さすが神事」と唸らされましたね。

    P9169369.jpg
    帰りには10年ぶりくらいに寄った「キャラウェイ」で「カレーライス ビーフ」(730円)をいただきました。前回来たときから値段が変わっていないのではないでしょうか。ドロドロでボリュームたっぷりの名物カレーライス、昔と変わらず安くて旨くて、お腹も心も満たされました(*´▽`*)

    ※撮影した画像をそのまま掲載しております。もしご迷惑がかかっている方がいらっしゃいましたら、お手数ですがご連絡くださいませ。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    ありがとう御座いました
    北道倶楽部の岩田です。
    お褒めにあずかり、リンクまで貼って頂き、ありがとう御座いました。

    > 射手の方が「イヨォーィ」というような独特の・・・

    よくぞ聞き取られました。
    本人達は「イヨォー」と云ってるつもりなんです。
    多分陰陽師の「陰陽」かと。
    それなら「オンミョー」と云うだろうって?
    う~ん。外れですかねぇ。フキフキ ""A^^;
    2010/09/22(水) 01:32:06 | URL | 賄い岩田 #-[ 編集]
    書き間違いでした
    書き間違いました。すんません。m(_ _)m

    誤:本人達は「イヨォー」と云ってるつもりなんです。
    正:本人達は「インヨォー」と云ってるつもりなんです。
    弐の的だと「インヨォーインヨォー」ですね。


    2010/09/22(水) 01:36:48 | URL | 賄い岩田 #63G.dlcU[ 編集]
    >賄い岩田サマ

    はじめまして。
    ご訪問ならびにコメントありがとうございます!

    無断リンクでも構わないとのことでしたが、
    コメント欄がございませんでしたので
    こうしてご訪問いただけて良かったです(´∀`)
    本当にありがとうございます。

    写真は本当に難しかっただけに、賄い岩田さんの
    写真の素晴らしさが身をもって分かります(笑)。

    かけ声はそうなんですか!
    実は並行してビデオも撮影していたので
    それを聞いてみたらそんな感じかなと思いまして…
    勉強になります!

    賄い岩田さんのサイトは今回初めて知ったのですが、
    すごく参考になりますので
    今後は定期的に訪問させていただきますね(*´∀`)ノ
    2010/09/22(水) 01:51:46 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    馬好き♪
    ハイ!ハイ!!
    馬大好きな人がここにいますよ!!

    流鏑馬はでけへんけど、馬には乗れます^^v

    神事なだけあって、めっちゃきれいな馬やね~ お見事!
    乗ってみたい(≧▽≦)


    路地男くんもこれを機に乗馬などいかがですか?w
    すんげー気持ちいいよ!!!!!
    2010/09/22(水) 09:49:56 | URL | リ ス #-[ 編集]
    >リ スさん

    もちろんリ スさんのこと覚えとったというか、
    コメントくれはるんやないかと思うとりました。
    (↑関西弁あやしい)

    やっぱこのお馬さん達は特別きれいなんやねー!

    馬、ええよねー。
    乗馬しない人間が「癒されるぅ」とか
    言っているのとは訳が違うかも知れんけど、
    馬好きの気持ち分かる気するもん。
    気心が知れた馬とは、ある意味
    人間以上の関係だって築けそうだもんね。

    でもちょっと敷居が高いというか、
    身近な存在ではないんだよねー。

    そういう意味では飼ってみたいかもw

    …いや、飼ってみてw
    2010/09/22(水) 12:54:35 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    流鏑馬って一度生で見てみたいですねぇ。
    お馬さんの疾走感とか、カッコ良さそうですねぇ^^
    2010/09/26(日) 22:06:57 | URL | ヒデ #-[ 編集]
    >ヒデさん

    馬っていうと競馬が真っ先に浮かびますけど、
    流鏑馬は馬場の近くで観れますからねー。
    まぁ僕の場合は会場が「家の近く」というのが
    見に行った最大の理由でありますがw

    流鏑馬、調べてみると全国的に行われているんですね。
    都内でも行われているのでぜひ一度
    ご覧になることをオススメします。

    デジカメを持って行くと無駄に燃えると思いますw
    2010/09/28(火) 13:51:54 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。