ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    室壱羅麺 (東京都中央区日本橋室町)
    夏休みの宿題は当然ギリギリ派でした。こんばんは、路地裏男です。大人って気楽な稼業と来たもんだ。

    muroichi_out.jpg
    銀座線・半蔵門線の三越前駅近くに2009年5月にオープンしたお店。人の薦めで訪問しました。店内はカウンター4席+テーブル6卓12席、先客1名、食券制。

    muroichi_muroichi_1.jpg
    室壱羅麺(900円)

    muroichi_muroichi_2.jpg
    ズバリ店名を冠したこちら、見れば見るほど不思議な感じの一杯ですが、薬味による味わいの変化を楽しんでもらうのが狙いらしいので、いきなり豪快に混ぜ混ぜしない方が良さそうです。

    muroichi_muroichi_3.jpg
    スープは豚骨魚介のダブルスープ。茶濁していて一見すると今どきな感じですが、刻み生姜によって後味がさっぱり。…と思ったらそんなようなことがメニューに書いてありました(ノ∀`)

    そしてひき肉や刻み玉ねぎなどで出来た団子を溶いていくと、まろやかだった豚骨魚介が担々麺風になります。担々麺風と言っても辛さはほとんどありませんし、意外とすっきりした味わいです。刻み玉ねぎのシャクシャクした食感と甘味も良いですね。ひき肉も旨いです。

    muroichi_muroichi_4.jpg
    麺は全粒粉の細麺。低加水でコシがありさっぱりしていて、特徴的なスープとのコントラストがいい感じ。さりげないけれど、この麺のチョイスは秀逸だと思うなぁ。

    その他の具はチャーシュー、極太メンマ、半味玉、海苔など。チャーシューが「シャウッ」とした食感で好み。

    こりゃ最後にスープにご飯を投入したら旨いだろうなぁ。趣向を凝らしているわりにやりすぎ感がなく、全体的によくまとまっていて趣味の良さを感じますし、ひと口ごとに様々な味の変化が楽しめて、オリジナリティも感じられて、「美味しい」と「面白い」を両立させたなかなかに出色の一杯だと思いました。



    食べたもの 室壱羅麺(900円)
    訪問日時 2010/08/04(水)18:02
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    室壱羅麺
    住所 東京都中央区日本橋室町1-12-12
    電話 03-3279-0866
    営業 11:00~15:00/17:00~21:30
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。