FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    区民大会は2回戦敗退
    100502001.jpg
    本日、わがチームは区民大会の春季2回戦で散りました…。

    うち 000 200 0∥2
    相手 000 120 X∥3

    1時間20分という制限時間内で7回まで出来たことは驚きでしたが。

    試合展開としては3回までは両先発が踏ん張り、4回表にうちが1死から連続ヒットと送りバントで2死二・三塁として、3番打者の2点タイムリー二塁打で2点先制。送りバントの采配が的中しました。

    その裏、相手はエラーで出塁した走者を二塁に置いてタイムリーで1点を返し、さらに5回、再びエラーで生きた走者を一塁に置いて、2死から1番打者が左越えに2ランを運び逆転。

    かたやうちの打線は4回から登板した二番手の左腕、最終回に登板した速球派右腕の前にほぼ完璧に抑えられ万事休す。


    ということで2回戦敗退。


    あーあ。


    これで2007年のベスト8以降、2回戦敗退、1回戦敗退、2回戦敗退。うーん、実は優勝が目標だったなんて、傍から見たらちゃんちゃらおかしいかも。言うだけなら勝手にしても…、って自虐的過ぎか。

    それだけ今年は史上最強チームくらいの手ごたえがあったわけで、確かにミスも出たけど、2回戦レベルでこれだけ1つのミスが命取りになるようなタイトな展開になろうとは…。そういえば1回戦も勝ったとは言え、かなり際どい勝負だったけど。

    敗因をシンプルに考えれば「相手の方が強かった」ということになるんだろうけど、でも相手に負けた気がしない。確かに全体的に体格は良くて打線は下位打線以外はパンチ力がありそうで、逆転2ランが出たときも「3巡目だしそろそろあるかも…」とは思っていたし、二番手以降のピッチャーも良かった。

    でも勝てない相手ではなかった、と思う。

    でもどうすれば勝てたのかよく分からない。

    もちろんうちのチームが一生懸命やっていなかったわけでもないわけで、つまりそういう相手に勝てないということはうちのチームにそれ相応の力しかないということを謙虚かつ真摯に受け止めるべきなのでしょう。

    昨年まではリーグ戦消化との兼ね合いから春季大会しか出ていませんでしたが、あまりにも悔しいので今年はなんとかやり繰りして秋季大会にも出場して雪辱を晴らしたい、個人としてもチームの運営サイドとしてもそう思っている次第であります。次の目標は謙虚に(?)ベスト4あたりで…。

    この日の個人成績: 二安 左安 投ゴ 0盗塁
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック