FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    続・野球用のヘルメットにマークを入れよう
    100430001.jpg
    4月30日(金)の日記。翌日から本格的なゴールデンウィーク突入ということで、世間の皆さんは帰省や行楽の準備、はたまた自宅でのんびりしたりと思い思いに過ごしていたであろう頃、僕は翌日の試合に備えて、みんなのヘルメットにステッカーを貼っていましたw

    まぁ、だいたいのことは前回の記事に書きましたが、貼り付けにあたっては、

    ・貼付面を脱脂する

    ・貼付位置を統一する

    ・シワが寄ったり曲がったりしないように貼る



    といった、僕なりのこだわりであり美学があるわけです。

    …ウザいですか?

    ウザいですよねw

    そんな具合ですからまさかみんなにステッカーを配布して各自に貼ってもらうわけにもいきませんし、現場(グラウンド)で貼り付け作業をするわけにもいきません。

    仮に誰かが「みんなの分貼るのは大変だろうから自分で貼るよ」と気を遣ってくれても、貼らせませんしw(←偏屈)

    ということでみんなからヘルメットを回収して自宅に持ち帰り、嫁さんまで巻き込ん…動員して粛々と内職。

    まずは雑巾でヘルメット全体を水拭きして、貼り付けの際に指先や手に余計な汚れが付かないようにします。続いて貼り付け面をアルコールで脱脂して準備完了、貼り付け作業に入ります。

    ヘルメットもよ~く見ると、おそらくマークを貼るとき用であろう目印が付けられていて、それを基準に位置決めをし、例によって石鹸水を使って慎重に貼り付けていきます。石鹸水を使うことにより、一度貼り付けても乾くまでの間なら位置をずらしたり剥がしたりすることが出来ます。

    貼り付け面は横方向にも縦方向にもカーブしているため気を遣います。ヘルメットのサイズや作られた年式によっても貼り付け面の形状が違うのですが、それはそれほど大きな問題ではありませんでした。

    100410004.jpg
    ということで、いっちょあがり。



    …。



    …。



    …。



    そして数十分後。



    100430002.jpg
    本日の内職終了。これでもまだ全体の半分くらいなので、この作業も第2弾、第3弾と続いていくことでしょう。って、いつ終わるんだw ちなみに右上のがサンプルで作ったシルバーバージョンです。

    なおこのステッカー、クルマなどに貼る耐水性・耐候性に優れた素材ではあるものの強度は一般レベルのはずなので、野球カバンなどに押し込まれながらどの程度持ち堪えてくれるのか気がかりではあります。
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック