ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    豚麺研究所 (東京都中央区日本橋本石町)
    このお店は閉店しました

    butamen_out.jpg
    新店ラッシュが続く神田駅南口の激戦区に4月1日(木)オープンした新店。拉麺研究所 香@学芸大学の支店にあたるそうです。神田駅南口からは「つけ麺もといし/酒け麺もといし」の3軒手前になります。 営業時間通り営業していなかったり店内の工事で臨休していたりで2回フラれましたが、ようやく訪問できました。

    butamen_menu.jpg
    券売機。開店当初は店頭に「昼はつけ麺専門店/夜はつけ麺、お酒と背脂LOVE油麺」と貼り出され中休みもあったのですが、現在はその貼り紙もなくなり通し営業に変更されています。それに伴ってかメニュー構成も変更を受けており、当初あった「グリーンカレーつけ麺」などはなかったことになっているっぽいっす(´Д`;)

    わりとタイトな店内はカウンター7席、先客1名、後客1名。…と、一人で営業している男性店員さんの腕には、刺青で有名なお経の一節が入っているじゃないですかΣ(゚Д゚;エーッ!

    飲食店でもろに見えるところに刺青って…。気にならない人もいると思いますが、僕は気になります。その店員さんはオーダーを確認するとフライパンで肉と野菜を炒め始めました。

    butamen_sioabura_1.jpg
    牛脂Love塩油麺(790円)

    butamen_sioabura_2.jpg
    メニュー名からは確信が持てませんでしたが油そば、あえそばでした。辛そうなヤツが乗ってますね。たけのことかラーメンにはめずらしい野菜が数種類。独特な雰囲気です。

    butamen_sioabura_3.jpg
    店頭に置かれた麺箱から麺はカネジン食品であることが分かります。混ぜると辛そうだったのでまずは混ぜずにひと口。すると底に敷かれた塩ダレがオイリーでなかなか旨いです。

    butamen_sioabura_4.jpg
    特によく混ぜよという指示はありませんでしたが、混ぜました。すると結構辛いです。唐辛子系の辛さで体が芯からカッカッしてきて汗がジワジワと出てきました。味はオリーブオイルこそ使っていないと思いますが、塩ダレベースに鷹の爪やニンニクが効いていてペペロンチーノを思い出しました。見た目に違わぬ、個性的でノンジャンルっぽい一皿です。

    結構具だくさんで見た目よりボリュームはありますが、ちょっとお値段が張りますかね?あとは、辛いメニュー中心なのに水のおかわりが入口脇の給水機まで行かないとできなかったり、ティッシュも2ヶ所にしかなかったりするのは不便です。

    男性二人組が店の前で「普通のラーメンはないのか」と言いながら帰って行きましたが、競合店が多いだけにそういう人も取り込んで行きたいところかなと。



    食べたもの 牛脂Love塩油麺(790円)
    訪問日時 2010/04/14(水)18:05
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    豚麺研究所(2010年10月頃閉店)
    住所 東京都中央区日本橋本石町4-4-15
    電話 
    営業 (平日)11:00~23:00
        (土)11:00~14:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にパーキングメーターあり)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。