ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    野郎ラーメン 神田本店 (東京都千代田区鍛冶町)
    yarou_out_1.jpg
    新店ラッシュが続く神田駅南口に3月29日オープンしたお店。せたが屋グループの「大ふく屋」で提供されていた二郎インスパイア系のメニューがそのまま店名になっています。

    yarou_menu.jpg
    券売機。定番のニンニク増し、アブラ増しなどのトッピングは無料ですが、食券を買うルールのようです。なお、野菜増しは焼き野菜(50円)の食券を買いましょう。今回はニンニク抜きでお願いしました。

    店内はカウンター7席で、席間が狭く窮屈です。箸や調味料類を取る際に他のお客さんに気を遣います。そう思っていたら途中で地下席もあることが分かりましたが、そちらがどういう扱いなのかはよく分かりません。卓上調味料は酢、ラー油、ガツン汁ならぬパンチ汁、カレースパイスです。

    yarou_yarouyasai_1.jpg
    野郎ラーメン(680円)+焼き野菜(50円)

    yarou_yarouyasai_2.jpg
    炒めたばかりの野菜はアツアツで味付けもされており、それ単独で食べても旨いです。タンメンみたいな感じですね。二郎との比較で言えば茹でた野菜よりこっちの方が僕は好みです。

    yarou_yarouyasai_4.jpg
    スープは乳化していないからでしょうか、二郎のように野趣味というかジャンクな感じはなく、醤油タレがすっきりと立っていて普通に旨いです。背脂が浮いていなければ二郎を意識することはなさそうなほど。食べ進めるとともに徐々に炒めた野菜の旨味が溶け出して行き、いっそう旨味が加わります。

    yarou_yarouyasai_3.jpg
    麺はせたが屋系らしいかっちりした食感で風味強めの麺。野郎ラーメン専用の麺なのかは分かりませんが、これはこれで食べ応えがあって良いと思います。量は普通のラーメンと比べれば多めです。

    yarou_out_2.jpg
    「二郎インスパイア系からの差別化を図った」と書かれている通り、「インスパイア」というよりせいぜい「似郎」くらいかなと。生粋のジロリアンの人には物足りないと思いますが、そうではない僕はこのくらいの方が気楽かつ気軽に美味しく食べられていいなぁと思います。僕にとっては「醤油味のタンメン風のラーメンを安く食べられる店」かなと。

    なお、スープなくなり次第閉店とのことですが、今のところ22時くらいまでに閉店していることが多いようですよ。



    食べたもの 野郎ラーメン(680円)+焼き野菜(50円)
    訪問日時 2010/04/07(水)18:07
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    野郎ラーメン 神田本店
    住所 東京都千代田区鍛冶町1-5-1 龍巧堂ビル1階
    電話 03-3251-3386
    営業 11:00~16:00/17:30~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック