FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    09-10第16日-3@水上高原藤原スキー場
    PP3077322.jpg
    引き続き3月7日(日)の日記です。1日5ゲレンデ滑走計画の3ヶ所目はこちら、水上高原藤原スキー場です。リフト3本のみの典型的なファミリーゲレンデで、大穴スキー場からは13km、車で30分弱、周辺には宝台樹スキー場や水上高原スキーリゾートがあります。

    P3077304.jpgP3077305.jpg
    ゲレンデベース付近からの眺め。麓から出るリフトは2本ですが、向かって右側の斜面はすり鉢上になっているので、どこからでも滑り降りられます。規模は全然違いますが、ホワイトバレーを思い出します。

    ちなみに水上エリアの多くのスキー場がそうであるように、ここもゲレンデに駐車場が隣接していて便利です。その点、沼田エリアは歩かされるゲレンデが多いですよね。

    P3077321.jpgP3077307.jpg
    かわいらしいリフト券売り場で1回券を4枚購入。1,000円也。リフト券売り場に書かれている「日本一」は何かと思えば「十一個の貸切露天風呂をお楽しみ下さい」というホテルサンバードの宣伝。そう、藤原スキー場はゲレンデ前にあるホテルサンバードの直営スキー場なのです。

    P3077309.jpgP3077311.jpg
    メインリフトである第1リフト(424m)とウェーデルンCコース。

    P3077312.jpg
    第1リフト降り場からの眺め。ここからまっすぐ下るとかなりの斜度ですが、それもすぐ終わってあとはひたすら緩斜面になってしまうので、ほとんどの人は左方向の尾根づたいに滑って行きます。中心に見えるのがホテルサンバード。

    P3077313.jpg
    第2リフトの降り場をまっすぐ行ったところにリフトが見えたので行ってみるとこんな看板が。初めて知りました、藤原と水上高原はつながっているんですね…!

    藤原のホームページには「水上高原スキー場へ乗入れができます(土日のみ営業)。乗り入れには、別途、共通券が必要となります」と書かれていますが、リフト料金表には共通券の記載はありませんので詳細は不明です。左奥に見えるのは水上高原スキーリゾート管轄の第4プリンスリフト。

    P3077314.jpg
    看板の裏は予想通りの文字。

    P3077318.jpgP3077317.jpg
    第3リフト(280m)と非圧雪のチャレンジCコース。非圧雪といってもパウパウではなくコブコブですが。

    この水上藤原スキー場、雪量は豊富ですが標高が高くないためかあまり雪質は良くありません。また、リフトの着座位置の極端な低さがファミリーゲレンデであることを物語っています。僕には面白いと思える斜面が一切なくて1回券4枚で十分だと思いましたが、物理的にスピードが出るようなところもほとんどなくボーダーも少ないので、未就学くらいの年頃のお子さんを連れて行くには最適だと思いますよん。

    ※この日の積雪量:180cm
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック