ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    支那そば家 (横浜市戸塚区小雀町)
    ここ数週間、人生最大のイベントに大わらわもしくは忙殺もしくは翻弄もしくは振り回されていましたが、今日からまた徐々に記事を書いて行こうと思います。その節お世話になった皆様、本当にありがとうございました(´▽`*)

    shinasoba_out.jpg
    戸塚区は小雀浄水場の目の前にあるお店。ここは横浜市内でありながら少し行けば鎌倉市であり藤沢市というエリアでしかも住宅街の中と、知る人ぞ知るという立地ではありますが、説明するまでもなく、あの佐野実氏の名店であります。


    …え?佐野氏と違うの?


    それは「支那そば」?


    ここは「支那そば」?


    Σ(゚Д゚;エーッ!


    …とお約束通りボケてみたわけですが、まぁ、よりによって全国区の知名度を誇り、ラーメンに一切の妥協を許さないことで有名な「ラーメンの鬼」の店と紛う名前にするとはすごいことをしたものです。あ、褒めてはいませんよw


    しかも「屋」ではなく「家」って、家系?


    それなのに秋田比内鶏?そんな高級素材を?


    謎だらけですw


    店内はカウンター18席、先客3名、後客1名。「店の名前はうちが本家であっちが真似したのよ!」くらいなことを言いそうな地元民っぽく、かつスナックのママっぽいおばちゃんが切り盛りしています。

    shinasoba_menu.jpg
    メニューはこんな感じで、値段を見れば少なくともダシに比内鶏を使っていないことは一目瞭然。味玉すらないし(´・ω・`)



    shinasoba_shouyu_1.jpg
    醤油ラーメン(600円)

    shinasoba_shouyu_2.jpgshinasoba_shouyu_3.jpg
    秋田比内鶏を使ったラーメンがこの値段で食べられるとは思いませんけど、既製品を使っているであろう化調の効いたスープに、茹でムラのある麺、既製品のメンマ。

    これ以上はノーコメントw

    店名は意図的なものか分からないので置いていくとしても、さも比内鶏をラーメンに使っていそうな看板はやり過ぎじゃないの?

    店内には手書きで「比内鶏玉子1つ100円」と書いてありますが、茹で玉子なのか生玉子なのか聞く気にもなりませんでした。おそらく生卵の販売だと思いますが。

    ikki_out.jpg
    帰りに口直しで関谷インター近く(鎌倉市城廻)の「一輝ラーメン」に寄ってみたところ、もぬけの殻となっていました。どうも昨秋頃に閉店したようですね。目立たないながらも堅実に営業していた印象があるので残念です。



    食べたもの 醤油ラーメン(600円)
    訪問日時 2010/03/20(土)13:34
    満足度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 

    支那そば家
    住所 神奈川県横浜市戸塚区小雀町2380-1
    電話 045-852-4166
    営業 (平日)11:00~15:30
        (土・日)11:00~19:00
    定休 不定休
    駐車場 あり(店舗前3~4台)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。