ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    中華そば 青葉 相模原店 (相模原市中央)
    aoba_sagamihara_out.jpg
    いわゆるダブルスープのパイオニアとして名高い東京・中野の有名店の支店。相模原の激戦区に2009年6月オープンしたそうです。最近は支店の拡大に積極的で、都心を中心に20店舗近く展開しています。

    ちなみにダブルスープとは、動物系のスープと魚介系のスープを別々の寸胴で取り、後から合わせる手法のスープのことで、それぞれの素材の良さを活かして仕上げられるのがメリット、…だと思います。

    さてこちら、店内はかなり広く、完全オープンの厨房を囲むようにカウンターが16席と、奥に4人がけテーブルが2卓、6人がけテーブルが1卓あります。

    閉店間際のためか、先客4名、後客なし、食券制。メニューは他店舗同様「中華そば」「つけそば」「特製中華そば」「特製つけそば」のみのシンプルな構成。卓上調味料は胡椒のみですが、お願いすれば柚子唐辛子も出してもらえる旨書かれていました。最近始めたんですよね、青葉の柚子唐辛子。

    aoba_sagamihara_cyuuka_1.jpg
    中華そば(650円)

    aoba_sagamihara_cyuuka_2.jpg
    スープはずいぶん大人しいというか動物系が弱々しく、かろうじて魚介が香る程度。うーん、こんなものだったでしょうか。村田屋に続く連食だったので、僕の舌がバカになっていたのかも知れませんが。

    aoba_sagamihara_cyuuka_3.jpg
    それにしても麺がどうかと。好ましい風味が感じられぬ分、かん水臭が気になります。それに元々クニュッとした食感の麺ではありますが、表面がベチャとしているというかヌメッとしているというか、原因は定かでありませんがゆで汁とかどうなの?という感じです。

    具は味気なく筋っぽいメンマと、チャーシューは悪くありませんが、青葉本来の香ばしくザクッとした肉感を備えたものと比べると物足りません。

    いくら支店とはいえ、それも新しめの支店とはいえ、青葉ってこんなものだっけ…?

    と、この一杯にショックを受け、後日支店の中でも評価の高い飯田橋店に行きました。そのときのことはあらためて記事にしますが、結果的にはまったく別の感想になりました。でも当然村田屋からの連食でないので比較する意味はないか…。



    食べたもの 中華そば(650円)
    訪問日時 2010/02/21(日)23:45
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    中華そば 青葉 相模原店
    HP http://aobai.jp/
    住所 神奈川県相模原市中央4-5-5 アールビル1F
    電話 042-751-7878
    営業 10:30~24:00(売り切れまで)
    定休 無休(当分の間)
    駐車場 提携あり(アイワールドの駐車場2時間無料)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。