ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    名物屋 (横浜市中区初音町)
    meibutsuya_out.jpg
    京浜急行の黄金町駅そば、初音町交差点にあるお店。このブログを読んでくださっている方から「一度行った方がいいよ」とご推薦いただきました。

    こじんまりとした店内はカウンター8席、先客3名、後客5名、オーダーは口頭、後払い。ここはかつては寿司屋だったそうで、泣きそうなほどレトロな雰囲気です。靴を脱いで上がる旨書かれている2階にはトイレがあるようです。

    厨房には寡黙を貫く白髪のご主人、そして奥さんであろう接客担当のおかみさんとで切り盛りされています。こちらも泣きそうなほどレトロ(殴

    meibutsuya_wantan_1.jpg
    ワンタンメン(800円)

    端整な見た目に期待が高まります。こうして見ても、少し神経質そうな職人風のご主人による入念な仕事ぶりが感じられるようですが、いかがでしょう?

    meibutsuya_wantan_2.jpg
    スープ表面には焦がしねぎと生ねぎが浮きます。口に運んでみると生姜が強めに効いていて、味付けもちょっとしょっぱめで化調も感じますが、濃いめのストレートな旨さにグイグイ引き込まれます。

    どこか黄金町らしい、(個人的には好意的な意味での)「下世話な味」とも言えそうで好みが分かれるかも知れませんが、僕は生姜が効いたラーメンは嫌いじゃないし、かなり好きな味ですね。

    meibutsuya_wantan_3.jpg
    暖簾に書かれた文字によると手打ちらしい麺は、断面の形状が丸い中太ほぼストレート。スベッとした舌触りにパツッとした食感で、歯切れの良い麺です。濃いめのスープに負けていません。

    meibutsuya_wantan_4.jpg
    ワンタンメンは小ぶりのワンタン5~6個。

    meibutsuya_wantan_5.jpg
    味が染み込んだローストのチャーシューも堪りません。ローストビーフのポーク版とでもいったところで、噛み締めるとジワッと旨味が広がりとても旨いです。これは素晴らしいなぁ。分厚いカットで二切れ乗ってきました。

    何しろ「あんな狭い厨房でこんな旨いラーメンが…!?」と驚きました。もちろん広さは関係ないですけどね。攻めてる一杯だなぁ、と。確かに横浜周辺のラーメン好きなら一度は行っておくべき店だと思いましたが、このままそっとしておきたくもある、そんなお店でした。

    それにしても、ご主人の声を聞いたことがある人はいるのかなぁ?



    食べたもの ワンタンメン(800円)
    訪問日時 2010/02/12(金)19:57
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    名物屋
    住所 神奈川県横浜市中区初音町3-63
    電話 
    営業 20:00~25:00
    定休 日・祝
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    なつかしい
    以前は異国情緒あふれる町。

    その交差点近くの、
    黄金町駅を見下ろすマンションの一室で、
    色彩違いの恋におぼれていた日々。

    よく行きました。あの頃。
    あのおじちゃんまだやってるんだ。

    何度も足運んだけど、
    そういや一度も声聞いていないかな。
    2010/10/09(土) 00:27:12 | URL | hiro #-[ 編集]
    >hiroさん

    近年ずいぶんと変わった黄金町ですが、
    こちらは良い意味で時間が止まったように
    古き良き時代を偲ばせてくれますね。

    すごくノスタルジックな雰囲気に
    現代でも十分通用する旨いラーメン、
    ここは横浜でも有数の名店だと思います。
    2010/10/11(月) 03:25:40 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック