ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 (東京都千代田区鍛冶町)
    kikanbou_out.jpg
    JR神田駅北口から徒歩数分のところに2009年9月オープンしたお店。僕はその手の情報に興味がないのですが、店主さんは「麺屋武蔵 二天」の元店長とのことです。「鬼金棒」と書いて「きかんぼう」と読むのですが、これって一般的なんですか?

    kikanbou_pop.jpg
    店内に小さな券売機があります。席数はカウンター9席で満席でしたが、幸いすぐに座れました。「カラ」(唐辛子の辛さ)、「シビ」(山椒の痺れ)は食券を渡す際に【増し/普通/少なめ/抜き】から指定可能で、僕はカラ・シビ共に普通でお願いしました。

    kikanbou_karamiso_1.jpg
    カラシビ味噌らー麺(780円)

    kikanbou_karamiso_2.jpg
    背脂が浮いたドロリとしたスープ。重厚な味噌ラーメンにカラとシビが加わってスパイシーになった感じですかね。一口めはその辛さにヤバイかもと思いましたが、慣れるとまぁ耐えられる辛さ。ちなみに僕は辛いのはあまり得意ではない部類の人間だと思っています(´Д`;)

    kikanbou_karamiso_3.jpg
    家系の麺の歯ごたえを強くしたようなポクッとした中太麺。実は太さが不揃いの3種類の麺を同時に使っているのですが、食べている最中には気づきませんでした。途中でラーメンを食べているのにつけ麺を食べているような気分になりました、それほど麺の主張が強く、かつ濃厚なスープが絡んできます。旨い麺だと思いますが量はあまり多くありません。チャーシューはトロットロ。

    トータルでは、山椒の風味がこの一杯に奥行きを与えているのが印象に残りました。ただ手が込んでいるのは分かるのですが、旨かったかというとよく分かりません。武蔵系に共通して言えることですが、いろんなことがどことなく押し付けがましく周到でもあり、どうも「どうだ、旨いだろ?」と言わんばかりに感じられてしまって好きになれないんですよね、僕は…。

    それからカラ・シビ共に普通で僕ですら乗り切れたので、辛い物好きの人はよっぽど辛くしないとダメのような気がします。まぁ、お店を出てしばらくは寒空の下なのに汗ダラダラ、舌はピリピリしていましたが。

    待ちはお店を出た時点で10人弱。人気ありますね。なお、平日の中休みの時間帯が短くなって、下記の通り変更になっています。



    食べたもの カラシビ味噌らー麺(780円)
    訪問日時 2010/01/14(木)17:58
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    カラシビ味噌らー麺 鬼金棒
    HP http://www.youtube.com/watch?v=mBizMZyS42k
    住所 東京都千代田区鍛冶町2-10-10
    電話 03-3256-2960
    営業 (平日)11:00~16:00/17:30~21:00
        (土・祝)11:00~16:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にパーキングメーターあり)
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。